いいこともある

3日間勤務が終わって明日から2連休~♪
前回配薬ミスをしたので超ブルーになってたハピだけど
病棟に行ったらブルーになる暇がないぐらい仕事が忙しかった
よかったんだか悪かったんだか(苦笑)
しかもハピのペアは派遣看護師さんでしかも准看護師さん
出来る限りのことは手伝うけど配薬は出来ない、と言われグスン(涙)
受け持った患者さんはなんだかとっても重症でハピの責任感ずっしり…
点滴をしている患者さんは7人中4人で1時間おきの点滴チェックがあるし
1人の患者さんは朝から尿が少なくて、血圧が下がってきたという
その患者さんは脈が速く胸痛があったので2日前に違う病棟から転科してきたのだった
現疾患は肝癌転移による閉塞性黄疸の疑い、腎ろうもあってハピの専門外、困った
前勤務のスタッフに病態を聞いても詳しいことはわからず、ガクッ
3人の患者さんは痴呆で混乱してて、そのうち1人は病棟から脱走を何度も試みる
他の患者さんは、今後急変時蘇生をするかしないか今家族で決めてるから
決まったら医師を呼んで話し合ってほしい、と
申し送りを聞いてる間、「病欠」すればよかったと後悔(笑)

勤務開始後すぐに救急センターから狭心症疑いの患者さんの入院
その患者さん「死ぬようなことになったら病院を訴えてやる!」と叫び
ひたすら多弁に話す。英語の弱いハピは怒られたらどうしようとビクビク
持って行った薬は「飲まん!」と言い張るし、対応にどっぷり疲れました
(結局翌日興奮気味に薬が乗ってる配薬車をひっくり返したということで
Code black〈暴力があったときに発生する緊急コール〉
で個室に隔離されSpecialナースとの1:1の看護となってました)
点滴チェックに1時おきに他の患者さんの部屋に行くと
痛み止め(麻薬ね)を頼まれたり、嘔吐でし吐き気止めを注射したり
ガーゼが血まみれで交換したり、することはエンドレス…
ICUの医師が病棟に来て、血圧の低い患者さんに特殊な点滴をオーダーしたり
あれこれ患者さんの情報を聞いてくるけど
勤務交代したばっかりで情報収集も出来てないのにわからんちゅ~ねん!!
結局、勤務の終わり頃、脈は落着いたので、元いた病棟に転科になってしまった
忙しくてまともに情報も取れず、申し送りはメチャクチャに(泣)
その間も痴呆の患者さんは「家に帰ろうかな~」と何度も脱出を試みるし
他の痴呆の患者さんは違う患者さんの食事まで食べちゃうし
もういいかげんにして~と発狂しそうだったハピ
せめての救いは、前回の間違いがあったので常に
「冷静に確実に」と自分に言い聞かせてたのでミスがなく勤務を終えたこと
ヘトヘトに疲れました

次の2日は違う比較的落着いた部屋の患者を受け持ったのと
週末で落着いてたので、スムーズに仕事が運びました、幸せ~♪
しかも連日の忙しさに慣れてたせいか少し落着いてるとテキパキ働け
2日とも「すばらしい」とお褒めの言葉を頂きました、ニコッ^^
皆採れなかった血管から採血したのでさらに褒められ気分は久しぶりに上昇
(大好きな採血が出来たのでそれもうれしかったのよ~♪)
極めつけに嬉しかったのは、ハピと働くのを嫌がってたスタッフがなんと
「ハピとだったら仕事が進んでいいわね」とハピのペアの人に言ったこと!

ほんと忙しかったり解らない事ばかりで嫌になることも多いけれど
着実に学んで、いろんなことが少しは対処出来る様になってきたような気がする
病棟業務、雰囲気に以前より慣れ(電話には今だビクビク)リラックスできて
全員じゃないけど患者さんやスタッフとも楽しく話せるようになってきた
大変だけど、いいこともあるからこの先頑張れるかな、と思った3日間でした

| | コメント (6) | トラックバック (0)

複雑なビザ

やっとアデレードで看護師登録が出来たハピ
後はビジネスビザの申請書を移民局に提出してブリッジングAビザをもらえば
日本にも帰れるし、9月10日から働けるはず~♪とホッ

だけど昨日病院のビザ担当の人から来たメールでギョギョ!
ビジネスビザが受理されるまでは働けない、と書いてある
どうやらハピのブリッジング゙Aでは働けないようなのです、知らなかった…
お友達に電話すると、ビジネスビザが受理されるまで1ヶ月以上かかって
その間ずっと働けなかったお友達がいた、と言う
移民局の人に事情を説明したら早く手続をしてくれることもある、とお友達
でもハピはこれからビジネスビザの為の健康診断を受けないといけない
健康診断の予約を今しても1、2週間待ちになる
しかも結果が移民局に送られるのは検査後1週間はかかる
ということは9月10日から働くのは絶望的!!!???
もう1ヶ月後に働き始めることを考えるとどんよりブルーに
お金が充分あれば旅行にでも行けるのだろうけど貧乏なので無理
あと1ヶ月この暇で貧乏で苦痛な毎日を送るのかと思うと泣けてきてしまった

昨日はハピがやけくそになっている所を電話でお友達に慰めてもらい
今日朝移民局に行って状況を説明、すると…
普通は観光ビザからビジネスビザへのブリッジングAビザでは働けないけど
あなた看護師で手に職があるから働いてもかまわないと思うのよ
もし働けなかったら困るから優先的にビジネスビザの手続をしてあげる
1週間ぐらいで受理されると言われました~!ありがと~!
だた、問題は看護師免許をまだもらってなくてコピーが書類の1部として
出せないこと、健康診断をまだ受けてないこと
看護師登録の方は看護協会のWebサイトにアクセスして
ちゃんとハピが看護登録できている、という画面を印刷してくれました
そして大問題の健康診断のほうは、なんと検査しなくてOKと
どうやら健康診断の結果が1年以内のものであればその結果を使えると
しかもその結果じつは明日で無効になる予定だったのです!!
ぎりぎりセーフで命拾いしました!ラッキーとしかいいようがありません!

でもそこで安心はまだ早い!なんせハピは日本に帰りたいのですから!
そこで移民局の人が提案してくれたのは
今持ってる観光ビザで日本に帰る
(どうやらハピが今持ってるAUSで申請した観光ビザを持ってれば
ブリッジングBの申請は要らないし、ビザ期間内では何回も行き来できるらしい)
その観光ビザでAUSに戻って来ることが出来るけど問題は
ブリッジングビザAの申請を取り下げられるかもしれないこと
でも、またブリッジングAに戻してくださいという書類をAUSに戻ってから
移民局に提出すれば(お金いらない)問題ないらしい
ほほ~いろんな手があるものだ、と感心
それに空港のイミグレでビザのことで押し問答になったらいけないから
手紙を送ってくれる、とのこと。いたせりつくせり本当にありがと~

ということでさっさと日本までの航空券取っちゃいました♪
で、今週の土曜日の朝アデレードを出発して日本に向かいま~す

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トラブル続きの看護師登録

今日朝Nurses Board of South Australia(南オーストラリア看護協会)
にハピの看護師免許が日本から届いたか確認の電話を入れると
「届いてるわよ~」と嬉しい返事♪ここまで1ヵ月以上かかりました!

その後「え~っと看護師登録の予約は今混んでるから次は9月ね」
と言われ、頭が真っ白になったハピ…
9月10日から働くのに9月登録じゃビジネスビザもそれまで申請できないし
そうなると日本に帰れないよ!
必死で1ヵ月も看護登録を待っていたこと、日本に帰りたいことなどを伝えるが
むなしく却下されてしまう、シクシク(泣)

さらに登録の際「IELTSかOETの英語のテスト結果を持ってきてね」と言うので
ハピは大学付属の語学学校の大学コースのレベル6を卒業したから
それらのテストなして直接大学に入れたこと、語学学校の卒業証書が
テスト結果の代わりになることを伝えるが
「テスト結果なしで大学に入れるわけない、それに英語のレベルも保証されてないのに
あなたを看護登録させることは出来ないわ」と頑固一点張り
そんな~大学卒業証明書だってあるのに今更何をおっしゃるのですか!
極めつけは「登録したいんだったら大学に行って証明書を貰ってきて」
と言い放たれる。ひ、酷すぎるこの対応っていかがなもんよ!
「じゃああなたはハピが英語の結果無しで大学に入れたことについてどう思いますか」
と冷静に質問してみるとダンマリ…
「じゃあ大学に問い合わせてまた連絡するわ」と言われ電話を切る

その後待てど暮らせど電話がない…
あまりにもご立腹のハピはお友達に電話し愚痴る。お友達の意見として
・こっちの人は自分に非があるとわかると誤りたくないからきっと電話してこない
・その電話の人は怠慢な人だからきちんと確認しない可能性が高い
・電話だと一対一で誰も電話内容を聞いてないので相手は言いたい放題
・英語が第二言語のハピにとって看護協会のつわものには太刀打ちできない
だから直接看護協会に行って第三者の前で話し合ったほうがいい
あと、大学入学条件のページを証拠として持っていくといい
とアドバイスを貰い、資料を揃え予約もせず看護協会に押しかけて行く

で、受付の人に電話でのいきさつを伝え、電話担当の人とお話がしたいというと
部屋の奥のほうで電話担当の人が受付の人に
「私ただ看護登録には予約がいると言っただけなのよ」という
何だと~このいんちきババア(←失礼っ)!!
ハピのはらわたが煮えくり返るのを必死で押さえ
大学入学が許可された証明書を持ってきたので確認するか聞くと
確認はいらないと言う。なぬ~
最終的には全ての資料が揃ったので看護師登録できることにはなったけど
看護師登録証明書(ビザ申請にいる証書)は10日くらいかかると

なんだかこれを聞いてると、登録師登録をこんなに長く心待ちにして
帰国する日を夢見てたのに帰れないなんて、と思うと悲しくなってきて
電話担当者の対応に腹が立ってたのも手伝ってポロポロ涙が出てきてしまった
病気をしたお父さんが心配だから一目顔を見て安心したいこと
日本に帰りたくてもAUSに戻ってくるビザがないし働くまで時間が少ないから
日本に帰れなくなったことを思うとつらくなったんです、泣いてゴメンナサイ…
と泣きながら鼻水をズルズルさせながら帰ろうとすると
「2日以内には家に証書を送ってあげるから」と言ってくれる
こんなこと期待してなかっただけに感激!ありがとうと連呼して帰りました
捨てる神が多い中、拾う神がここにいました、感謝、感謝です

帰りに移民局に行き「ブリッジングBビザ(日本に帰るためのビザ)」は
ビジネスビザ申請の時に一緒に出来るのか聞くと
ビジネスビザを申し込んだ時点でブリッジングAを貰う
これはビジネスビザを取得するまでAUSに滞在することが出来るビザで
「ブリッジングB」は一度だけAUSから出れて、入ってこれるビザで
申込書と一緒に60ドル出せばその当日にもらえるらしい
しかもハピはこのBビザはビジネスビザ保持者だけに適応するのかと
ずっと思っていたら、どんなビザにも適応するんだとか
なのでハピが今もっている「観光ビザ」でも実は使えるらしい。アララ…
ということは日本の看護師免許が届く間日本に一時帰国出来ていたことに(泣)
今Bビザを「観光ビザ」で使うと日本からAUSに帰るまでビジネスビザを申請出来なく
なりそうで怖い。ビジネスビザを貰って税金を払う手続もしなきゃいけないし
手続きの不利で最悪の場合ビジネスブリッジングAが貰えず働けない可能性もある
とりあえず最善の方法を移民局に行って再度聞く予定

そうそう明日は朝早くから就職先の病院でCPR(救急蘇生)の講習会と
テスト!?があります。なのでこれからちょっとその為のお勉強~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

めんどうな手続 その後

オーストラリアの運転免許証が早々と届きました♪
家を借りる時、何かの手続きをする時、何かの書類を作成してもらう時など
顔とサインが入った身分証明できるカード2種類の提示をよく求められるから
AUSの運転免許証が取得出来てこれから何かと便利になります
免許証申請の時に1~10年の間で免許証保持期間を選べるのだけど
貧乏人のハピは1年有効、40ドルを選んだので来年にまた更新です
免許証申請の時にタッチパネルのスクリーンにサインをしたのだけど
免許証のサインが子供の落書きみたいになってるのが気に入らない
なので1年更新でいいこととしましょう

「National Police Certificate(無罪証明証のようなもの)」も
3週間ぐらいはかかる、と言ってたのになんと1週間で届きました♪
スピード違反、駐車違反も書かれてなくてホッ(笑)

今日はIDバッジ(名札)とユニフォームを作る手続をするため
就職先の病院にお友達Aちゃんと待ち合わせをして行ってきました!
Aちゃんは大学からのクラスメートで同じ病院の違う病棟に就職
8月の終わりからAちゃんは働き始めるけどオリエンテーションは一緒に参加
就職の手続もあ~でもないこ~でもないと2人で情報交換、心強い
Aちゃんは就職がハピより後に決まったにもかかわらず
看護師登録が済んでるので、もうビジネスビザの申請が済み
今週末には一時帰国出来るよう、うらやましい限りです
ハピもNurses Board of South Australia(看護協会)に
厚生省からの日本の看護師免許証の英訳さえ届けば
就職の契約書を病院に持って行って、仮のビジネスビザを取得する手続が出来る
ビザの為の健康診断をその後済ませば日本に帰ることが出来るのです
日本の厚生省の方、早くハピの看護師免許証送ってくださ~い!!

手続の方だけど、IDバッジはただ写真撮影をするだけで簡単に終了
ユニフォームはほしいサイズがなかったのでCityの近くの店まで貰いに行く羽目に
ハピがゲットしたのはブルーのシャツ3枚と紺のズボン2枚
なんとサイズは6号と8号!決してハピが小さい、細いと言うわけでなく
AUSのサイズが変、日本の9号サイズはAUSではきっと6号だと思う
以前ホームステイ先の娘さんがイギリス旅行から返ってきた時
「私AUSでは9号なのに、イギリスの9号は小さすぎて入んなかったわ、おかしい」
とぼやいてたのを思い出しちゃいました
そのときにイギリスの9号は日本の9号と同じです!!
と声を大にして言いたかったのも覚えている(言えなかったけどね)
AUS !頼むから世界標準サイズに合わせてください!
じゃなければ「まだ9号だから食べてもいいわ~」と気を許して
どんどんおでぶになりそうなんです!
困ったことにユニフォームは一度頼むと交換不可、これ以上太れません
どうやって体重コントロールするかが今後の課題です

看護登録までに他に出来ることといったら、CPR(救急蘇生)の講習(就職前に必須)
を来週火曜日に受けること、職員用駐車場を使えるよう申し込むこと
めんどうな手続が着々と終わっていってます、ルン♪

| | コメント (10) | トラックバック (1)

やっかいな手続き

今日Nurses Board of South Australia(看護協会)に電話したものの
「日本からの看護師免許まだ届いてないわよ、今週末にでももう一回
電話してみてね」とアッサリ言われる。ガックリ
いつになったら看護登録出来るのか、ハア…
明日にでも3回目の確認を厚生省にするつもり←しつこいハピ
(だって2回とも8月初旬には送ってくれる、と言ったんだもん)

少し前に今度働くことになる病院から、どさっと多量の資料が届いた
そこには契約をしてからやらないといけないことがたくさん書いてあった
でも看護登録しないと契約が出来ないから今は何も出来ない
困った困った…

先週は病棟担当のマネージャーから「CPR(蘇生)の講習受けといてね」
「早く契約の為のPaper workしましょ」と声高らかに電話があった
今日は、ビジネスビザの申請が出来るようにするから資料にサインして送り返してね
というe-mailとPDFが働く病院のビザ担当の人からやってくる
看護登録を待たず、すでにいろんなことが進んでいっている
これって大丈夫なの?

働くまであと1ヵ月あるから全ての手続は終わりそうだけど
その間ビジネスビザの仮ビザみたいなのを取得して日本に帰ろうとしてるから
出来るだけ早くやっかいな手続きを終わらせたい
働き出すと、1年間長期休暇はなかなか取れないらしいから
出来れば今回帰って家族でゆっくり過ごしたい
病気をしたお父さんの顔が見たいし、かわいい甥っ子も見たいのです!
厚生省の方よろしくお願いしますよ~

そうそう、給料を貰うためには税金を払う手続もしなきゃいけない、と
その為のTax file number (TFN)というものを個人で申請、取得するため
今日Web上で申請してみたものの「ハピは観光ビザなので取得できません」
というコメントが、トホホ…

でもTFNを申請するのに、パスポートの他に、AUSの銀行口座証明
AUSの運転免許証、学生証など身分を証明するものが2点いる
ハピは英訳の日本の運転免許証しか持ってないし
この先も車に乗るので、この際AUSの免許証を取得することに
さっそく申込書を近くの
「Department for Transport,Energy and Infrastructure」
(いわゆる運転免許センターみたいな所)
に取りに行ってきました
後は日本の免許の英訳とパスポートのコピーを持って申し込みに行くだけ
これは楽勝、楽勝♪

そして実習の前にも取った「National Police Certificate」をもう一度取得
マネージャーは実習の時のでいいよ、って言ってたのに
資料を読むと太字で「3ヵ月以内のもの」と書かれている(涙)
申込書をWebからダウンロードして記入して最寄の警察署へ持っていくことに

海外で働くための手続の多さにすでにうんざり気味のハピ
契約後からの数多い手続きのことを考えると今からゾーッとするのです

| | コメント (11) | トラックバック (0)

就職決定!!

厚生省から日本の看護師免許証を直接AUSの看護協会に送ってもらう
手続が出来ていなくって、AUSで看護師登録が出来なくてへこんでたハピ
AUSはこういう事態には柔軟、って聞いてたけど
せっかく手に入れた就職が取り消しにされたらどうしよう、と週末心配していた

あと、もう1つ気になるのはビジネスビザの条件が7月から変わったこと
その中に「IELTSなど英語力を証明する書類を提出すること」
「ビジネスビザ取得にあたり、IELTS4.5をクリアすること」と書かれている
このIELTS4.5は余裕でクリア出来るとして
問題はハピは今まで一度もこのテストを受けたことないということ
だからこのテストを受けなきゃいけないことになる
次のテストは8月18日、働く予定は8月13日からだから
働くまでIELTSの結果を証明することが出来ないという事になる!
でもハピは大学付属の語学学校を卒業していて、その卒業レベルは
IELTS6.0をクリアーしたのと同等に扱われるはず
移民局に、これが認められるか聞きに明日には行く予定
でもこれが認められなければIELTSを受けなくてはならなくなる
問題が次から次へと上がってきて困ったもんです

今日朝には就職予定の病院の面接担当者から電話がある予定だったので
朝からソワソワ、何てこの事態を説明したらいいんだ、と悩んでいた
そうこう気をもんでいるうちに電話がかかって来る
看護協会にハピの看護師免許が届いてなかったから看護師登録出来なかったこと
厚生省に問い合わせをすると最低でも2週間かかること
ビジネスビザ取得にあたりIELTSを受けなければならないこと
その間観光ビザでAUSに滞在できること、などを必死で伝える

と…担当者から
「で、FMC病院で働く決心はついたの?あら働いてくれるのね、うれしいわ
看護師登録が出来たらすぐ連絡してね、就職の手続を始めましょ
あっ、就職のための資料はもう送ったから、目を通しておいてね
9月から働きたい?いいわよじゃあ働くのは9月の10日からね」

ハピの心配をよそにあっさり決定…
なんだか心配して損した気分(笑)
これで看護登録は確実に働くまで間に合いそうだし
最悪の場合IELTSが必要になっても働くまでには間に合いそうです
IELTSがいる場合は日本には帰れそうにないけれど
IELTSのテスト後に一旦日本に帰れるかこれも明日移民局で交渉予定
学生ビザから観光ビザに変える手続もしなきゃね
今週も何だかやたらと忙しくなりそうです

いろいろな問題がまだ残ってるものの、解決のめどがたっているので
やっと、「就職が確定したぞ」という達成感がフツフツと沸いてきました!
まだ本当にAUSの病院で働くんだ、という実感はないけれど
とにかく今日は「就職決定」したことが本当にうれしい!!
これも日本、語学学校、大学、現在、ブログで、ハピを励まし、支え
困った時は助けてくれたお友達のおかげ、このたくさんの人々なしでは
ここまでたどり着くことは出来なかったと本当に思う
就職が決まったことを今日はその大事なお友達に報告です!
本当に今までありがとう!そしてこれからもヨロシク!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

健康チェック

今日は就職のための健康チェックを受けに病院へ
「Occupational Health & Safety(OHS)」へ行ってきました
http://www.flinders.sa.gov.au/employment/pages/hr/AAD_PCFz_z/
OHSの役割は病院で働くスタッフの健康状態をチェックしたり
職場環境は安全か見直したり、カウンセリングを行ったり
安全に患者にサービスが提供できるよう指導したりすることです
今回の就職前の健康チェックもOHSの仕事の一環

お友達に電話でOHSの場所を聞いていたにもかかわらず迷子
OHSの建物は病院の外にあると聞いてたので
病院の周りをひたすら無駄に何往復もドライブ
困り果てて、病院内の「案内係」のボランティアのおじちゃんにお願いして
わざわざ遠くのOHSまで案内してもらいました
この時点で30分以上約束の時間を過ぎていた(泣)

OHSに着いたあと、「遅いじゃない」といわれながらも
遅れた理由(迷子)を切々と訴えていたら
「大変だったわね」と嫌味もなくやさしく健康チェックの手順を説明
日本だと「遅れたものは悪い」とビシッと切り捨てる感じがする
でもこっちの人は理由を言えばちょっとやそっとのことは気にしない
ハピはこういうAUS(アデレード?)の気質がけっこう好き

手順の説明後、問診用紙に従い記入
その後手、足、体の運動に問題はないかチェック
風疹の抗体が少ない、B型肝炎のワクチンを3回していないということで
さっそく2種類のワクチンを打ってもらいました←タダ
そして現在の運動状態を聞かれ「何もしてません」と言うと
「最低週2日は30分ほどの運動をしてね」と指導を受けてしまいした
このOHSって日本にある、とは聞いたことないけど
スタッフの健康管理、職場環境を整えるってすごく大事なこと
なかなかよいシステムだなあ、と感心

その後郵便局へ
昨日のブログのUP後、心配してくれた友達が電話してきてくれ
「申請書のコピーあるよ」とのことでお友達の職場まで取りに行き
無事厚生省に書類を速達で送ることが出来ました
お友達様様です、本当にありがとう~(涙)

そして人事に電話し昨日のことを説明すると
「ププッ」って笑われてしまう(抜けててスミマセン)
「とにかく面接をしてくれた担当のマネージャーとお話ししてね」
と言われ電話を回してもらうが留守電で結局話は出来ず
事情を説明するのは月曜になりそうです、参った参った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看護登録できない!?

今日はSouth Australia(ハピのいる南オーストラリア州)に
看護師として登録するためNurses Board(看護協会)に行って来ました

書類に必要事項を記入し登録料190ドルを支払って受付で待っていると
「日本の厚生省から日本の看護師免許証の英訳を
South Australia の Nurse board あてに直接送ってもらった?」と言われる
そういえばクラスメイトがそんなことを言ってたような…
でもハピは大学からそんな説明は受けていない
看護師免許証の英訳のコピーを持ってたのでそれを渡すが
それでは登録できないと言う、ガ~~~ン!!
ちゃんとネットで登録の方法を事前に調べておくべきだった

しょぼ~んとして家に帰り
厚生省に電話して早く手続をしてもらえるか聞いてみる
「だいたい1ヵ月かかります」と(泣)
看護師登録が出来ないと就職の手続が出来ないこと
ビザがもうすぐ切れることなど切々と訴えてみる
係りの人は「早く出来ません」の一点張りだったのだけど
あまりにもハピがしつこかったので、最後には
「早く出来る保証は出来ないけど、努力はする」と
スミマセン…

その電話の後日本にいる母に事情を説明し
速達で申請書を取り寄せてもらうよう頼む
郵便局の夜間受付に行って手続をしてもらえることとなった

でも明日は金曜日、早くても申請書を母が受け取るのは月曜
それから申請書を母がAUSに送ってくることを考えると…
厚生省に書類が届くのはだいたい来週の後半か再来週の初めぐらいになる
それから手続をしてもらい、厚生省からAUSに直に送ってもらうと
だいたい8月の第2週目にはNurses bosrdに届くはず
ぎりぎり仕事が始まる13日の前に看護師登録は出来そうだけど
日本にはどう考えても今回帰れそうにない(号泣)
しかも7月の終わりに学生ビザが切れるから
「観光ビザ」への切り替えが避けられないこととなった(泣)
とにかく明日は病院からの健康チェックを済ませる
月曜日には病棟の担当者から電話がかかってくる予定なので
その時に事情を話す予定、ハアア…

ということでネットしながらやけ酒、ちくしょ~う!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

就職のゆくえ

ハピが就職したい本命の病院はFMC、面接を先週水曜日に受け
面接結果を先週の金曜日か今週の月曜日には聞けるはずだった

待てど暮せど連絡が一向にない、アレレ?こりゃ面接落ちたかな?
と一応昨日人事部に「面接の結果を知りたい」というメールを出す
その後すぐ面接担当者から電話が…
「人事から電話がかかってきたけど、ハピ健康チェックに行ってきた?
健康チェックが終わったら電話して仕事の説明をしようと思ったのよ
あっ、働く部署は心臓一般病棟のOOね」と、ハイ?

実はハピ、面接の前にすでに健康チェックに行ってねと言われていた
お友達から健康チェックは面接に受かってから、と聞いていたから
何か変だな~って気にはなってたけど健康チェックには行っていなかった
これってハピは面接の前からもう働けることが決まってたこと!?
気を取り直し健康チェックの予約を今週金曜日に入れたので
月曜日には仕事の契約についての具体的な電話がある予定

ハピが働く場所は病棟に決定、残念ながらCCUではなかった
その病棟はものすごく忙しく、病院一働く環境が悪い部署とうわさ(泣)
でもハピは暇より忙しいほうがやりがいを感じる性分
それに大好きな心臓の病棟で働けるし、まあいいとしましょう!
働いてみて嫌だったら年末にICUに変われるチャンスもあるしね

このFMC病院で働くとなると、仕事のオファーを貰っている別の病院に
「働けません」と断りの電話を入れなきゃいけない
この病院の人事、ICU担当者さんの人柄がすごくよかったし
ハピにぜひ働いてほしいという気持ちが伝わってきただけに
すっごくすっごく断りにくい、心が痛みます、ハア…

FMCの担当者によるとハピが働き始めるのは8月13日から
今からあと一ヵ月弱ほどしかありません
その間にビジネスビザを取って日本に帰国できるのか?
まずはS.Aの看護協会に看護師登録をしなきゃ何も始まらない
明日の朝には大学に電話してハピの成績が看護協会に
送られているか確認して、看護師登録する手続をする予定
何事ものんびりのAUS、とにかくビザの手続き急がなきゃね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

面接2回目 in Australia

昨日の夕方2回目の面接のことをUPしようと思ったら
ネット接続出来ない(泣)またかいっ!!
担当の電話会社に電話しやっと今朝修復しました

さてさてハピの2回目の仕事の面接はというと
もう確実に1つの病院から仕事のオファーをもらってたので
この病院がだめでも他の病院に就職できる、という安心感があり
昨日よりずいぶんリラックスして面接に臨めました♪

まずそれぞれ(人事、心臓病棟、CCU)の自己紹介
続いて人事の担当の方から
「この部署に何人も申し込んでるの、そういう面でもまずはYear1
(看護師1年生)のレベルから初めてもらうけどそれは了承出来る?」
とおどし(ハピ的には)がはいる(笑)
それからハピへの質問開始
*AUSで今まで何をしていたか
*日本での看護師としての経歴
*事例①狭心症の既往のある患者さんが心不全で入院して来ました
夜間息苦しいとナースコールで訴えてきました

・あなたはこの患者さんに何が起こったと考えますが?
・どう対処しますか?
*事例②あなたは勤務で4人の患者さんを受け持っています、
そのうち心筋梗塞の既往のある患者さん1人がナースコールで
胸痛を訴えてきました

・あなたはその時どうしますか?
・あなたは胸痛を訴える患者さんにどのように対処しますか?
*事例③2人の看護師とペアを組んで仕事をしています
あなたのペアはあまり働かず、あなたに仕事を押し付けます

・あなたはその時どう対処しますか?
*事例③追加2人で話し合っても全く状況は変わりません
・あなたはその時どう対処しますか?
*事例④病棟に仲のよい友達がいます、上司がその友達がきちんと
働かないとあなたに苦情を言ってきました

・あなたはこの2人にどう対処しますか?
*ハピのこの先5年間のAUSでの予定
*この病院で働いてる友達はいるか?
*PA(実習担当の先生)はハピのことを何て言っていたか
こんな感じだったかな?事例①②は得意分野なので
待ってました、とばかりひたすらしゃべりまくってしまった(汗)
ちょっとでしゃばりすぎたかしら、反省…
まあそれでも雰囲気よく面接が終わりホッとしたハピ

質問はある?と聞かれ
「他の病院からYear1以上の給料で働かないか、と言われてるのだけど
やはりこの病院ではYear1の給料しかもらえないのか?」と
出来るだけ失礼のないように聞いてみる(ずうずうしいねハピ)
「始めにも言ったように政府レベルで決められているからそれは無理なの
本当はね、あなたのような経験と知識が豊富な人にはもっとお給料
上げたいのよ」と3人の担当の人に興奮気味に言われ恐縮のハピ
スミマセン、ただ好奇心で聞いてみただけです…

その後病棟の雰囲気が見たいことを伝え、快く了承してもらえ
秘書さんを呼んでくれ、秘書さんと一緒に心臓病棟とCCUを見学
秘書さん曰く心臓病棟は「ものすごく忙しい」と(泣)
でも「とっても上司がいいのよ」と(それはかなり重要だ!)
病棟は日本で働いてた時と同じような雰囲気で
ナースステーション内のきれいな心電図モニターを見ていたら
心電図大好きのハピはうれしくなってきた♪
CCUはこじんまりとしていてのんびりした雰囲気
患者もあんまりいないぞ、みたいな
部屋のモニターにはSGカテーテルの値が映し出されていて
またもやうれしくなってきたハピ♪

面接の結果は、PAに電話してから決まるそうで
結果は今週の金曜日か来週の月曜日にわかるらしい
とりあえずそれまでゆっくりしま~す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧