« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

給料激UP!?

今日もかなり忙しい勤務をこなしヘトヘトのハピでございます
朝一番で患者さんが痙攣を起こし、状態が悪く勤務が終わるまで
神経内科の医師を呼んだり、神経内科に転科したりとバタバタ
他の患者さんの手術前の準備をし、手術室に送ったり
ペースメーカーを入れる痴呆の患者さんがおしっこまみれで
シャワーに入れてきれいにしなくっちゃいけなかったり、検査前処置に追われる
他にも痴呆の患者さんが荷物をまとめて帰りそうになったり
退院、転院が3人もあってその手続にひたすら追われ
最終的にはICUから心臓バイパス術後1日目の患者さんが転科してきた
勤務が終わった後には「やっと終わった!」とペアと抱き合って喜びました

そんな中、勤務中ナーシングマネージャーがハピを訪れてきて
「病院の方針が変わって日本での経験年数が加算されるようになったから
今まで働いてた経歴を示す書類を持ってきてくれたらYearが増える」と言ってきた
突然で予想を全くしてなかったことにハピは仰天ビックリ!!
マネージャーが来た時には辞めさせられるんじゃないか、とヒヤリとしたよ(苦笑)

海外で看護師の経験がいくらあっても州立病院ではYear1からスタート
という決まりになってからどうやら海外で経験のある看護師がどんどん
経験年数を認めてくれる私立病院に変わっているらしい
(主には中国人やインド人)
人員確保に困った比較的中規模の州立病院が
海外で経験のある看護師のある程度の経験年数を認めるようになって
州立の大病院にしわ寄せが来たので今回のことに至ったらしい

ハピは日本で○○年の経験があるから突然Year1からYear9に!
South Australiaでは一般の正看護師(Level1)の最大の年数はYear9
○○年働いてたってClinical Nurse(Level2)にならないとそれ以上の給料UPはない
といってもYear1からYear9になると年間基本給(日勤だけで換算)が
AUS$45225からAUS$60300へUP!その差AUS$15075!!
日本円にして(現在約AUS1$=95円)143万も違います!!!
しかもハピが働き始めた9月15日から換算して支払われるという
ということは5ヶ月ほどの差額が払われるのでYear9が認められれば
最低でもAUS$1256が近々振り込まれるはずなのです

ただ、心配なのはYear9の仕事が出来るかどうか、ってことと周りの反応
「なんであんなへたな英語、仕事しか出来ないのにYear9なのよ」
って言われて、さらにハピへの嫉妬、バッシングが大爆発しそうな気が
ナーシングマネージャーに
「オーストラリアの病院で働き初めてばかりなのにそれじゃあ公平じゃない気が」
と言うと「Yearが上がるも上がらないもあなたしだいよ」と言われた
英語もオージーのように上手じゃないし仕事もまだまだ出来ないし
大金を貰うのはおこがましい気がしてYear1でもいいかなとちょっと悩んだけど

結局、給料が上がればそれなりにストレスがあっても
「こんなに貰ってるんだからしょうがないね」と開き直れそうだし
1、2年経って自信を持ってバリバリ働き出した頃にきっと後悔するし
こんなハピに大金を払ってもらってると思うと病院に貢献しようとも思う
で、とりあえずYear9が認められるか解らないけれど
(ハピ的にはYear5~6ぐらいでいいんだけど)
日本の病院で働いていた証明書を持っていくこととしました

明日の早出の仕事に行けば3連休♪さあ明日1日がんばるぞ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

複雑な人間関係

最近のブログを読み返してみると、なんだか遊んでばかりで
ちっともお仕事していないイメージが…
ここらでちょっとハピの最近の仕事っぷりを書いてみようかと

オーストラリアの病院に就職してから5ヶ月が来ようとしてるのだけど
あいかわらず浮き沈みが大きい
毎日一喜一憂してるハピに我ながらどっぷり疲れてしまうことも
海外で第二言語を使って働くのって相当大変だとひしひし感じてしまう

患者さんとのコミュニケーションは随分スムーズになってきたと思うけど
スムーズなのは患者さんや家族と普通に世間話しをしたり
簡単な疾患、薬を説明する時、日常生活の援助をする時など
でもこれは最低限のコミュニケーション
こっちの人はかなり疾患、薬の知識を持ってるからつっこんだ質問をしてくるし
新しい薬、治療を開始した時に納得しないと受け入れない患者さんも多い
なぜ○○の薬を飲むのか、なぜ○○の治療をするのかを
患者さんの知識レベルに合わせて納得出来るように説明しなくちゃいけない
比較的若めの患者さんには専門用語たっぷりで知的に話すか話さないかで
その後態度が全く変わってしまうから緊張してしまう
でも複雑な疾患を正しい発音の専門用語を使って説明するとなるとアワワワワ…
専門用語がとっさに出てこないことも多いし、発音となると
日本人発音バリバリ英語を話すハピにとってかなり厳しい…
発音矯正は今すぐにはどうにもならないので
知識を補って上手に説明が出来るようにノートを作って
疾患ごと、薬ごとに表現を書き留めることにしました、上手くいきますように

患者さん家族からの評判は上々です(コレがかなりの支え)
嬉しかったのは、最近続けざまに何人かの患者さんに
「あなたの英語うまいわね」といわれたこと
いつも英語の出来なさを気にしている分お世辞でも嬉しいよ^^
ハピが上手く説明出来ないとき、説明下手でゴメンナサイね、などと誤ると
「例え説明が上手くなくても(苦笑)あなたはきちんと問題を解決してくれる
他のナースより優れている」と言ってくれたり
「他のナースはナースコールを押した時ちょっと待ってって言うだけだけど
あなたはまずHow can I help you?(どうしましたか?)って必ず尋ねてくれる
それはすばらしいことだ」と言ってくれたりする
ハピなりに頑張ってることが認められてるな、とやりがいを感じるのです

ただ、ハピが一番今困っているのは「職場の人間関係」
この前新人のアジア人R(かなりの問題児)から呼ばれて行くと
「ハピがあなたの悪口を陰で言ってるから気をつけて」
とある人に言われたけど、ハピ何か私に問題があるのなら言って
私あなたのこと好きだし、悪い所は直したいの、と
仕事で一生懸命で噂を言うほど余裕はないし
噂好きのオージーの中での悪口は絶対タブーだと思って
あたりさわりにないことしか言ってないハピには身に覚えがないこと
あっオージーの悪口はたま~に仲いいインド人Mさんと言ってたけどね
ハピはただ、ただびっくりですよっ!!
ハピがその人と話したいから名前を教えて、と突き止めていくと
はっきりとは言わなかったけど、どうやら最近入ってきたマレーシア人Cだった
Rは「きっとハピが良く出来るから妬んでるのよ」と…
まさかアジア人から攻撃されるとは思ってもみなかったこと、ショック
まあ何を言われようとも永住権を取るまで、ICUに変われるまで
どんなに嫌な人がいてもとにかく仕事の支障になるような文句は言わず
自分の出来ることをこのまま続けようとは思っています
これはショックな出来事だったけど、こんなことでさらさら辞める気なんてない
わかってくれてる人はわかってくれるからね!

それにこちらオーストラリアのアデレード、他の州に比べて小さな町なので
「かなり人のことが気になって、噂好き」だとハピは思う
しかもこっちの女性への甘やかし方が異常だし、教育のせいもあるのか
わがままで我慢の出来ない、感情的な女性が多いような気がする
ハピの同僚は急性期好きの変化が大好きな看護師が揃っているせいか
輪をかけたように、ワーワー・ギャーギャーとすごい、疲れます…
それに何かと同姓同士嫉妬する傾向があると思うのです
「ハピはいつも慌てなくて穏やかね、仕事テキパキとこなしてスマートね」って言いながら
影ではコソコソと「英語がそんなに出来ないくせに」と言っている、嫌になるね
ただ、ハピに関わらず、一見仲がすごくよくても影でお互い悪口大会、醜すぎる…

でもね、この同僚達、実は上手に褒めるとすごくいい見方になる
ちょっと褒めようものなら、すごくかわいがってくれます(笑)
尊敬してる人、好きな人へは自然と褒めることが出来るので全く問題がないのだけど
困ったことにハピは不器用、世渡り下手、嫌いな人を上手に褒めれません
なので嫌っている(=嫌われている)人から文句を言われることも多い
忙しい時は仕事でいっぱいいっぱいで余裕がないので上手に会話が出来ない
次にこなしていく仕事と患者さんの状態のことで頭がいっぱいで
無駄話をしようものなら次にすることを忘れそうで実は無駄話をしたくない
しかも彼女達の英語は早いしオーストラリア独特の表現をするので
オージー並に切り返して長々と会話していくのはかなり難しい
それが出来ないと、つまらなそうな顔をされるので困ったものです

職場の複雑な人間関係、コミュニケーションの難しさにほとほと嫌気がさしてます
とにかくしばらくはでしゃばらず、目立たないように身を潜め
適当に愛想を振りまきながら文句の1つも言わず様子を見てみようと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ行き決定!

最近仕事での人間関係のストレスが溜まってきたので
何か楽しいことを考えて気分転換したいなとJet starのwebsiteを見たら
航空チケットのセールをしてたのでケアンズ行きのチケットを取っちゃいました♪
ケアンズに行くのは勤務表の代わり目で休みが取りやすい5月21日~25日!
21日と25日は移動で1日つぶれるので正味3日の滞在となりそうです
丸1日は久しぶりにダイビング三昧にしようと計画中、3回潜れるといいな
残りの日は、今まで行ったことの無いキュランダ高原を散策したり
グレートバリアリーフにある島のリゾートホテルに泊まって、カヌーやシュノーケリングをする予定
あ~今からすっごく楽しみ、がぜん頑張って仕事をする気がわいてきた!

で、南の島でシュノーケリングやダイビングをするとなったら水着は必須
今のたるみきったボヨンボヨンの体でビキニを着る勇気はない
かといってワンピースの水着は余計太って見えて嫌いなので着たくな~い
本気でダイエットしなくちゃいけないという好都合の状況になりました
この機会を逃さず、5月まで後約3ヶ月5キロ減量がんばります!

ジムに行って筋トレするんだ、と張り切ってブログに書いたこともあったけど
じつはその後すぐこっぴどい風邪を引いて結局行けなかったハピ
その後も仕事や外出に忙しいことを理由ににしてジムに行かずダラダラ
そんな怠け者のハピにもうさよならして、本格的にジムに通うと今回決めました
明日から4日勤務の後の3連休みから必ずトレーニング始めます!
今日からはたるんだお腹を引き締めるため腹筋頑張ります!
近じかダンベルも購入してダラ~ンと垂れた2の腕も鍛える予定です

話は変わるけど、最近トラム(路面電車)の外観が自転車レースの様子になっていた
どこ行ってもプロっぽいバイカー達がいつもにまして道路でうろうろしていると思ったら
「Tour Down Under」という毎年恒例の世界的に有名な選手が参加する
プロの自転車レースのオープニング「Classic」のレースが20日アデレードであったのです
偶然にもグラネルグにお茶をしに行った時にレースをしたたので写真をパチリ
Img_0388_2  Img_0625
本格的なレースは24日~26までの3日間
ビクターハーバーというcityから1時間ほどの所にある半島にかけて行われたようです

レースで見たバイカー達は皆スッキリした体つきで羨ましいばかり
来月くらいから少しずつ涼しくなってくるからハピも自転車にでも乗ろうかな
とにかくケアンズに行くまでにボン・キュッ・キュッなセクシーボディーになりますよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Jellies おやつにいかが?

ハピが語学留学の時からおやつとして気に入って食べてるのは
オーストラリアのスーパーマーケットのどこにでも売っていて
オージーの子供からおじいちゃんおばあちゃんまで大人気の
The Natural のJellies(ジェリー)♪
(といってもこのジェリーは日本で言う「ぐみ」みたいな食感)

夜勤のおやつにこれを持っていくと皆うれしそうに食べて
あっと言う間に空になっていつも「あらっハピのがない!」と慌てる
以前日本に帰国した時にお土産であげてもなかなか好評でしたよ
Imgsquirm  Imgfruits
留学当初は違う種類のジェリーをオージーの子供が食べてるのを見て
なんて色が毒毒しくて気持ち悪い食べ物なんだ、と思っていたけれど
この「The Natural」のブランドのジェリーを食べてからジェリー好きに
このブランドは「No Artificial colours・No Artificial flavours」をキャッチフレーズに
果物や野菜や植物から抽出された色素でジェリーは色づけをされており
レモンやオレンジのエッセンシャルオイルやフルーツジュースを使って味つけされています
なので色もお味も他の「色とりどりのゴム」を食べてる感じがするジェリーと比べて
なんだかやさしい色で(って派手なのもあるけど)やさしいお味   

ハピの最近のお気に入りは上の写真の2種類
左の写真は「Squirms(もぞもぞ動いてる虫たち)」という名前の通り
ジェリーはミミズのような形をしてて!?
上半身はレモンで下半身はグレープというように分かれていて
すっぱい味の粉でコーティングされています
すっぱ~と口をすぼめながらついつい手が伸びてしまう癖になる味
右の写真は99%Fat Freeの「Soft Jellies-Fruit Salad(フルーツサラダ)」
普通のジェリーより柔らかい食感とジェリーの周りに砂糖がまぶしてある
ざらざらっとした食感も好き

このジェリー、他のオージースウィーツに比べると甘さ控えめなので
ちょっと甘いものがほしいな~って時にピッタリ☆です
あっでも1袋食べると116㌔カロリーなので食べ過ぎに気をつけてくださいね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Wolf Blass & Penfolds in Barossa valley

お酒に弱いけどワイン大好きハピはワイナリーに行くことが多いので
新たに「ワイン・ワイナリー in Australia」というカテゴリーを作ってみました
in Australiaといってもほとんどハピが住んでるSouth Australiaからだけど
いつかメルボルンにあるヤラバレーにいける日を夢見てin Australiaとしました♪

今回のバロッサ・バレーの旅では昼食を「Jacob's Creek」で摂った後
お友達が以前差し入れしてくれてなかなかおいしかったワインのワイナリー
Wolf Blass」に初めて行ってみました
Img_0514  Img_0516
ここのワイナリーはさすが大手だけあってワイナリーの建物は綺麗だしモダン
正面にはワインのラベルのモチーフにもなっている鷲が翼を広げたような門と
銅像がありました(銅像は門の後ろにあるよ)
Wolf(狼)って名前のワイナリーなのになんでワインのラベルは鷲なのかな?
と思ってホームページを調べると、Wolf Blassはこのワイナリーを作った人の名前で
鷲はこのワイナリーのワインの「力強さ、優雅さ」を表すシンボルなんだとか

期待を胸に膨らまして高いプレミアムワインのシラーズを試飲してみたけれど
シラーズ特有のフルーティーで深みのある味ではなく、比較的あっさりしている
どうやらここのワイナリーはシャルドネ、赤のスパークリングワインが有名のよう
欲張って高いワインだけ試飲するんじゃなくって他も試せばよかったな

3軒目のワイナリーはハピが「ワイン1ダース買うんだ!」と張り切ってた
Penfolds」へ
ハピのお目当ては「オーガニックシャルドネ」有機栽培の白ワインです
以前来たときに買って飲んだらすごくフレッシュな味でおいしかったのです
でも今回ワインの試飲リストに載っていないなあと思ったら
もうオーガニックワインは作ってないんだよ、とグスン…
シラーズもけっこうおいしかった記憶があったので試飲したけど
なんだかワインを熟成させる時に入れる樽の味が強くてハピ好みじゃなかった
その年の気候によってかなり味が変わるワイン
好みの味のワインに出会った時にちゃんと買いだめするべきでした

ワイナリーの入り口に高級ワインがガラスケースの中に飾ってありました
1本約15万円なり!買ってる人を見てみたい
このワイナリーは特に「ペンフォールド・グランシ」が有名なのです
Img_0518 
グランジという名前は創始者の元々医師でワインを薬にと開発していた
ペンフォールズさんが妻と共に建てた家から来ている名前とか
このグランジのワインは樹齢何十年という老木からとれる葡萄で
毎年厳選された最高品質のシラーズ、シャルドネ種を使って作られたワイン
だからワイン1本がすっごく高いのです!
ちょうど訪れた時には安めの(といってもAUS200$以上)グランジを発売中
どうやらこのグランジオーストラリア内でも手に入れるのは難しいとか
ものすごい欲しかったけど、お金が無かったので買えなかった
ハピがオーストラリアを去るときに記念に思い切って買おうかな…

今回のバロッサ・バレーへの旅行では昼食をゆっくり摂ってたし
ワインの試飲より観光がメインだったので3軒のワイナリーめぐりで終わり
次回機会があったらバロッサ・バレーに泊り込んで存分にワインテイストしたいもの
その前に何軒ものワイナリーで試飲出来るよう何とかしてお酒に強くなりたいもの
お酒に弱い人がお酒を飲んでも酔わない何かいい方法はないかしら?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Coorong National Park ②

今日も、昨日のCoorong National Park ①に続き
2回目の参加にも関わらず、すっごく楽しかったツアーの様子をUP

おいしいCockleを食べた後はクルザーに戻ってクルーズしながらランチ
ここ最近表れてるというイルカをフェリーから見つけては喜び
フェリーの屋上に上ってヒンヤリ冷たい風と広大な景色を楽しむ
そして次に到着した場所は「Cattle Point」(昨日UPした地図を参考にね)
ここは少し丘を登れば一面が真っ白の砂獏のようになっていてすっごく綺麗
普通の運動靴では砂が入ったり滑るので、フェリーで靴を脱ぎ裸足で歩く
ツアーに参加してる人は「老人会主催のツアーですか?」
ってくらいお年寄りが多かったけど皆元気元気、砂丘をガンガン歩く歩く
ほんとオーストラリアのお年寄りのパワーにはいつも驚かされるばかり

ツアーではまず丘を登り、少し下った小さな盆地のようになった場所で休憩
ガイドさんが一通りこの辺りの場所について説明した後
かがんでせっせと砂を掘り始めましたよ、そして水が出てきました!
Img_0576  Img_0575
ハピ達がクルーズした場所は海と川が接した川側の方
海と川が接する場所にはすごく大きな堤防が築かれていて
海水が真水と混じらないように工夫されています
でもその年の天候(雨量、風)などによって海水がある程度は混じるのだとか
なのでガイドさんが掘って出てきた水はしょっぱいのかと思いきや
飲ましてもらうと純粋な水の味でちっとも塩辛くない
なぜかというと海水は真水に比べて濃度が高いから下に沈み真水は上に
深く掘らず、混ぜさえしなければ純粋な水が得られるんだとか、ん~感心

そして昔アボリジニが住んで暮らしていた跡が垣間見れる場所へ
その場所一面は貝の殻だらけ、どうやら昔ゴミ捨て場だったよう
地中奥深くには動物の骨が埋まってるのだとか
ハピ達が歩いた場所は魚、動物、植物と食べ物が豊富だし、真水も飲めるので
長い間アボリジニが住んでいたのだけど、ヨーロッパからの移民に
悲しいかな結局追い出され、他の場所に移動させられてしまったようです
そんな場所を見ていると突然「エミューだっ!!」という声
でっかい野生のエミューが丘の頂上に立ってハピ達の方をじっと見てました~!
興奮してキャーキャーしているハピ達に驚いたのかスタコラサッサとあっという間に
砂漠の丘を越えて去って行っちゃいました~!超感激!!
Coorong  Img_0597
写真のの中にスタコラと去っていくエミューがいます、写真をクリックして見てね
右は左の写真の拡大図、かろうじてエミューの姿が見えます

ツアーのクライマックスは急な傾斜の砂丘を滑り下りること
でもお尻が重いせいかお尻が砂に埋まってなかなか下りれない
ということで、転びながら一気に走り降りてみました!
Img_2822  Img_0600
左の写真の右端がハピ、一番手で下りていってみました、あ~楽しかった♪
思いっきり遊んで疲れた後はクルーザーに戻りバナナケーキを頬張り紅茶を飲む

クルーズの終わりには皆満面の笑顔で口々に素晴らしいツアーだ
と言って帰っていくほど本当に楽しく充実したクルーズツアーでした
アデレードに帰る途中ではガイドさんが特別にコアラがたくさん居る
「Eagle on the hill」という場所に連れて行ってくれました!5匹も見たよ♪
大充実の野生動物、野鳥三昧のCoorong大自然のツアーはこうして終わりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Coorong National Park ①

「Coorong National Park(クーロン国立公園)」に行ってきました!
ここはアデレードから80Kmほど南に下った所にある水辺の国立公園
野鳥の宝庫で、その種類は200、すごいですっ!
国立公園内の観光スポットにはクルーザー、ボート、カヌーがないと行けないし
以前行った時のツアーがすごくよかったので今回2回目も
Spirit of the Coorong の Adventure Cruiseに参加

*ハピ達はSealinkという旅行会社のAdelaide Sightseeingを通して
ツアーに申し込んだので送迎、クルーズ付きでAUS$154だったのだけど
直接Spirit of the Coorongに申し込めば
送迎AUS$55、クルースAUS$88で計$143になったようでした
ツアーは2種類あってDiscovery Cruiseのほうが安いけど
日曜日にあるAdventure Cruiseのほうが盛りだくさんで絶対にいい!
Img_0626  Img_0556
クルーズの内容は左地図をクリックして大きくしてみてね

出発したのは朝8時、空はどんよりと曇っていて雨もちらほら、寒い
今、夏のアデレードは晴天続きで雨なんてめったなことじゃないと降らないのに…
でもハピは、久しぶりに運転もせずただ座っておしゃべりの旅行なのでルンルン気分
山道を通っていると、野生のカンガルー何匹かに遭遇してさらにルンルン
普段は暑くて日中道路近くまでカンガルーが来ることはないけど
ガイトさん曰く、こんなどんよりした天気だから会えたらしい、ラッキー!

クルーズの出発地点に到着した頃には天気が回復してきて温かくなってきた
ほぼ満員のクルーザーに乗り込みいざ出発!
最初はフェリーでRiver Murray Mouthという川の河口をぐるっとクルーズ
ガイドさんの説明を聞きつつ、鳥、水辺の綺麗な景色をしばし見る
Img_0564_2  Img_0565
何かいるぞと思ってカメラで拡大してみると、ペリカンがいっぱいでした
すっごく小さい鳥もいっぱいいて、どうやらアラスカから飛んできたらしい
長距離飛んできたのでなんとその間体重は3分の1減少
ここで休んで、栄養を摂って体重を増やしてからまた飛び立つんだとか

そしてYounghusband PeninsulaにあるGodfrey'sという国立公園の観光スポットに到着
クルーザーから下りて遊歩道を歩きYounghusband Peninsulaを横切り
下りた場所とは反対のGreat Southern Oceanが見渡せる海岸へ
海岸に到着したあとハピ達が子供のように夢中になってしたことは
「貝堀り!!」
波打ち際でズボンがずぶぬれになるのも気にせず足、手で砂を掘る
一所掘ればCockle(日本ではザル貝やトリ貝という)がザックザック採れる!
Cockleはアサリより大きくハマグリより小さく殻の色は白っぽいのです
たくさん採れたので、ツアーのお客さんにもおすそ分け
採れたての貝をガイドさんがナイフで割ってくれてそのまま生でパクリ
海水の塩がほのかに効いた採れたての貝は本当に本当に美味しかった!
醤油とわさびがあったら最高だったね
来た道を帰り、クルーザーにたどりついた頃には別のガイドさんが
「貝のワイン蒸し」を作ってくれてました♪
白ワイン、モンゴリアンソース、スウィートチリソース、ガーリックを使った味付けは濃厚で最高した
Img_0559 Img_0536
*クルーザーを泊めた近くにはいぼいぼを背負った蟹もいましたよ
あまりにも「貝堀り」が楽しかったので今度Goolwa近辺の
ハピ達でも行ける海岸に貝堀りに行く予定を立てちゃいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jacob's Creek in Barossa Valley

久しぶりに世界的に有名なアデレードのワイン生産地
Barossa Valley(バロッサ・バレー)に行ってきました♪
ハピの家からバロッサ・バレーまでは2時間ほどとちょと遠いし
ハピの車はボロで猛暑の中長距離走るとエンジンが燃えそう
なので今回は1日50$で「レンタカー」を借りてみました♪
さすがいい車だけあってクーラーは効いてるし走りはスムーズだし快適☆
10時ごろ家を出て快調に走ってバロッサ・バレーに到着したのは12時前
お腹も空いてたので直行で「Jacob's Creek」のVisitor Centreへ
Img_0510 Img_0506
Jacob's Creekのワイナリーはバロッサで一番最初に商業向けに作られたワイナリー
で、バロッサ・バレーで一番大きなワイナリーです
かなり輸出に力を入れてて、輸出している国は60ヶ国だとか
Jacob's Creekのワインはフレッシュで飲みやすいけれども質がいいのが売り
なのでワインの味はハピにとって薄くて深みがなくて今一なのだけど
Visitor Centreの中にあるレストランがとても素敵だからついつい足を伸ばしちゃう
レストランから眺める広大な葡萄畑、山々を見てると
いつもよりゆったりと時間が流れていくようで、癒される
レストランのメニューは行くたびに変わっていて、味もなかなか
お友達が最近行ったら「マグロのステーキがあった」と言ってたので
ハピもそれを頼もうと思ったらマグロのメニューはもう無かった、ガク…
本日のスペシャルのお魚料理を頼んだら「フィッシュ&チップス」が出てきた、アレレ…
まあそこらで売ってるフィッシュ&チップスよりおいしかったのでいいこととしよう
お友達が選んだカンガルーのステーキがやわらかく香ばしくて美味でした
Img_0499  Img_0509
そうそうワインは天気もよく暑かったので「ビュレット(白のスパークリングワイン)」をオーダー
ここが最初のワイナリーでいたるところで試飲していなかったせいか
味はあっさりだけど食事になかなか合っておいしく飲めました
このレストラン普段は11時30分~14時30分からオープン
ハピが行った日はなぜか12時からだった
遅い時間に行くと満席で入れないから早めにね

バロッサ・バレーには他にも素敵なレストランがあるという
他のワイン、料理共に美味しいレストラン付きワイナリーを探すのも楽しいかも
次に行くのは葡萄畑の紅葉が綺麗な秋(オーストラリアの4月頃)かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Weet-Bix(ウィートビックス)vs Flake(フレーク)

New Year's Resolution(新年の抱負)
にも書いたようにヘルシーな食べ物を食べつつ痩せるのが今年の目標
以前は毎朝ミューズリーフレーク+牛乳か食パンを食べてたのだけど
最近ハピが試しているのは「Weet-Bix(ウィートビックス)」
*パン、フレーク、ウィートビックス共にWhole Grain(全粒粉)を選んでます
   Weetbix
ハピはウィートビックスが鳥の餌にしか思えなくてあまり興味が無かったのだけど
お友達の「ウィートビックスの方がカロリーが低いしけっこうおいしい」と言ったのを聞きつけ
さっそく買って食べてみました!
メーカーや中に混じってる物(ドライフルーツとか)にもよるけれど
ハピが持ってる比較的ヘルシーなフレーク、ウィートビックス2つを比べると確かに
1食分のウィートビックス=143Kcal:フレーク=226Kcalとウィートビックスのカロリーの方が低い
それに牛乳がしみこんでべちゃっとならない内に食べると香ばしくておいしいい♪
トータル的な栄養成分を見るとウィートビックスにはカリウムや鉄分が入っていて
食物繊維がフレークに比べほぼ2倍入ってたりする
ただ、フレークにはウィートビックスに入っていないビタミンCが含まれてたり
フレークの種類を変えれば鉄分、カリウムも含まれているフレークもある
フレークの種類はウィートビックスより多いしヨーグルトをかけて食べたりとバラエティーがあり
ウィートビックスの単調な味とは違って食べあきない

ハピが思うに Wheet-Bix vs Flake どちらか1つを選ぶのではなくて
どちらともビタミンB、ナイアシン、葉酸、食物繊維が含まれているし
ハピは油断すると、おなかゆるゆる、すぐピーピーになっちゃうのだけど
フレーク、ウィートビックスに変えてから便秘、下痢にもならずすごく調子いい
この2つを体調、気分に合わせて選んでもおもしろいと思うのです
1日ゆっくり家で過ごす日はカロリーの低いウィートビックスとスキムミルク
1日アクティブに過ごす日はフレークにヨーグルト、バナナのスライスを乗せて食べるとかね

皆さんはウィートビックスとフレークどちらが好み?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Swiss Glory

お友達の家に遊びに行く前にセントラルマーケット(町の市場)に寄ったのだけれど
行った日が火曜日だったし、時間も午後3時頃と遅かったせいか
いつもより人が少なくてすごく買い物しやすかったです
ただ、お気に入りのパン屋さんのクロワッサンはすでに売り切れてました
クロワッサンが目当てじゃなければ遅めの買い物もいいかもね

給料日前の寂しい財布の中身と相談しつつ
袋のインスタント塩ラーメン(疲れて何も作りたくない時の非常食)
山菜の水煮(チャーハン、パスタにするとおいしいよ)
お好み焼き用の粉、豚薄切り、卵
チャイニーズブロッコリー、ほうれん草(御餅があまってるからお雑煮作るのだ)
ドイツソーセージ、薄切りハム(ランチ用サンドウィッチの具)など買い込む

それから、お友達へのお土産にとハピの大好きな
「Swiss Groly」というスウィーツを売ってるお店に行く
このお店1932年からの老舗、ハンドメイドのチョコレートが有名
ハピはここのお店のチョコレートよりもケーキやエクレアが好き
ここのケーキ、エクレアはオーストラリア独特のこってりした甘い味ではなく
甘さ控えめな上品な味でかなりハピ好み
セントラルマーケットによるとついつい大好物コーヒーエクレアを買ってしまいます
幸せなひと時←エクレアの写真あります
Img_0482_2  Img_0481
今日はお店の人お勧めのラズベリーチーズケーキをお買い上げしました
このケーキも甘さ控えめになっていて期待を裏切らずおいしかった♪
このお店はセントラルマーケット内にあって、日本食良品が買える「リトル東京」の隣
ヒルトンホテルの近くにあるのでぜひ行ってスウィーツをお試しくださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就職後早4ヶ月

昨日で7日間連続勤務が終了!ただ今2連休中です♪
昨日は日曜日だから主だった検査・治療はないし楽かな、と思いきや
重症な患者さんがいっぱいで、指示もしょっちゅう変わるしてんやわんや
最終的には1人の患者さんがICUへ。非常に疲れました、グッタリ…
次の勤務希望表に「7日間連続勤務禁」と大きく書かせてもらいました
この7日間の間、超忙しいのに助けが得られないと言う状況に1回ブチッと切れて
ボスに苦情を言いに行ったことを除いては
毎日忙しいのには変わりないけれど、けっこう楽しく仕事してました

オーストラリアで仕事を始めて早4ヶ月になろうとしています
働き初めてからの最初の3ヶ月間の悪夢のような日々はいったい何だったんだろう
というぐらい今はリラックスして、やりがいを感じながら働いています
かなりの苦痛だった電話の対応も以前より随分スムーズに出来るようになってきました
ネイティブに比べるとまだまだ乏しい英語だけど、ハピなりに
患者さんと冗談を言い合ったり、悩みも聞けるようになってきました
「あの看護師さんの英語はそこまで上手じゃないけど本当によくしてくれるんだ」
とは今だ患者さんに言われてますけど(苦笑)
「英語はそこまで上手じゃない」は余分でしょうがっ!ガオーッ!
医者と看護師の遅い対応に切れて一方的に「訴えてやる」という家族の話を聞き
ハピの腹ただしい感情を表面に出すことなくその場を収めたハピに
「勇気がある、私だったら恐れて話し合いなんて出来ないわ
あなたがこの病棟にいることはすごく意味がある」とリーダーに言われ、じ~ん(涙)
微妙な患者さんの異常を見つけ医師に報告して治療が変わることが増え
術後の患者さんをスパルタで椅子に移したり歩かせているハピ(怖いねっ)を見て
医師の回診時「ハピはいい仕事している」と医師からお褒めの言葉を頂戴しました!
単純な性格なので褒められると調子にのってどこまでも登って行きそう(笑)
調子に乗ると気の緩みでミスをしそうだから気持ちをひきしめなくっちゃね!

職場のほとんどの皆とも冗談を言ったりいい関係が出来てきました
といっても何人かの怠け者オージーには手を焼いていますが(笑)
最近はインディアン看護師Mさんと特に仲良し、ハピがアタフタしてると
いつもどこからか表れて「ハピ大丈夫?」と手伝ってくれる
Mさんがその日のコーディネーター(リダー)の時はハピには何も言わないけれど
「ハピ今日はいい勤務が送れるよ」とニッコリ
わざわざ楽な患者さんの受け持ちにしてくれてるのです
就職2年目にして長年いるオージーよりバリバリと仕事をこなし、ユーモアもあり
オージー看護師の厚い信頼を得ているMさん、ハピの憧れです!
それにMさんとはオージーの悪口を言える唯一の仲、お互いストレス発散してますよ(笑)

ハピの最近の楽しみは、かわいらしい医学生ちゃん達を見ること
↑ハピ、かなりおばちゃん化している
今回の医学生ちゃん達はかなりのハンサム、貴族の王子様のよう、ポッ
医学生ちゃんはお医者さんと行動を共にして医学を学ぶと思いきや
今回の目的は「看護師業務を知ること」なので看護師さんと一緒に行動
お医者さんの卵だから医学生ちゃん達はきっと鼻高々~なんだろうな、と思いきや
素直に看護師さんの言うことをウンウンと聞いてるし
せっせと体重、血圧を測ったりと一生懸命学んでおります
便器を持ってうろうろしている姿はとっても微笑ましい(笑)
「こんなに看護師さんが忙しいとは、明日はもうちょっと頑張りますっ」
と帰っていった医学生ちゃん、ハピはあなたの純粋さに心をうたれましたよお~
こんな医学生ちゃん達ならきっとすごく素敵なお医者さんにるだろう
と将来がすごく楽しみです♪

就職後1ヶ月経過からオーストラリアでのハピの仕事の様子をUPしてなかったし
就職後4ヶ月にして、仕事がかなりスムーズにこなせるようになり
仕事でいやなこともあるけど、いいことの方が多くなって随分仕事が楽しくなってきた
その気持ちの変化を今回ブログに書き留めたかったのだけど
なんだかいろんな話が混じったとりとめもない内容になってしまいました
次回「お仕事 in Australia」は就職後半年経過した頃かな!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Vegemaite(ベジマイト)を食す!

新年の抱負にも書いたように今年こそ
体にいい物を食べ、運動して引き締まった体になりたいのだっ!!

で、ハピが「体にいいんじゃない?」と目に付けた物はこれ
 Img1049491207
皆さんご存知、オーストラリア名物「Vegemite(ベジマイト )」
「ベジ」という名前から「ベジタブル→野菜」という図が出来上がって
これには野菜エキスが含まれていると思っている人もいるけれど
これには濃縮酵母エキスが含まれているのです!
エキスにはビタミンB1、B2、ナイアシン、葉酸というビタミンB群が多く含まれています
ビタミンB群は炭水化物、脂質の分解を助けたり
新陳代謝を活性化させたり、疲れを取ります
健康な皮膚を作るという意味では美容にもいい
それにナイアシンはアルコールを分解するので2日酔いにもいいのです!
お酒大好き、だけどすぐ酔っ払っちゃうハピにピッタリ♪
ビタミン群の1日必要摂取量を毎日食事で摂取するのはなかり難しい

ベジマイト、体にはよくても、味・臭い共ものすごく悪いことで有名
ハピもベジマイトの昆布の佃煮を煮詰めたようなくさい臭いと味が大嫌い
1度ベジマイトを試して衝撃的な味に2度と近寄らないようにしてたのだけど
以前ホームステイのママがスープに入れてたのに気づかずに飲んでて
ママにベジマイト入れてるのよ~と言われてギョギョ!スープおいしかったのよ♪
それ以来ちょっとベジマイトが気になっていたハピ
今回健康のためにもう1回試してもいいな~と張り切って買ってみた
薄切りパンをトーストしてベジマイトを薄~く塗ってドキドキしながら食べてみた

でも、無理だった~(泣)おえ~っ激まず!(失礼っ)
1口食べて捨てました、撃沈…

買ったベジマイトおいしくないから捨てようかな~と思ってた矢先
知り合いのオージー君から「トーストの上にベジマイトと蜂蜜を塗って食べてる」
ってことを聞く
こんなに体にいいものはなかなか見つからないし
「えっ?ベジマイト?おいしいじゃない!」なんてさらりと言ってみたくて
もう1回こりもせず試してみることに
今回は薄切りパンにトーストする前にベジマイトを薄~く塗り、こんがりトースト
そして蜂蜜をたっぷり賭ける。お口直しにコーヒーも作り準備万端に
いざ食べてみると

あら~ん意外とおいしいわ♪
ベジマイトがトーストされると味が香ばしくなって
蜂蜜が加わるとベジマイト特有の臭さみもほとんど消え意外とおいしい
ペロリとトースト1切れ食べちゃいました
ベジマイトを毛嫌いしてる皆さん、この食べ方ぜひ試してみてくださいね
ベジマイトが好きに、とまではいかないけれど
きっとベジマイトがおいしく食べれるようになるはずです!
そして疲労知らずの体、美肌を手に入れましょう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

New Year's Resolution(新年の抱負)

皆さん、明けましておめでとうございます!
2008年も引き続きここオーストラリアから、日々感じたことを
ブログを通して書き残して行こうと思っているのでよろしくお願いします!

2007年最後の日にはグラネルグの海沿いにあるハピのお友達の
シェアメイトのお友達の(複雑だわっ)アパートメントに自転車で行き
アパートメントの住人皆とその友達が入り混じった合同の楽しいパーティーに参加♪
背中にちょうちょみたいな羽をつけている2児のお母さんが子供を親に預けて
パーティーに参加しに来ていたり、お腹の出たあやしい感じのおっちゃんがいたり
なかなかユニークな人達が多く集まってておもしろかったわ~☆
花火が上がる頃にはビーチまで降りて行って海に足を入れて
酔って火照った体をクールダウン(←こりてないハピ)
そしてNew Yearになった瞬間花火がバーン!と打ちあがる
去年見た花火は、あ~っと言う間に終わった感じがしたのだけど
今年の花火は上がってる時間が長く、すごく綺麗な気がしたのです♪
去年よりグレードアップしてたような気も…
そんなハピにお友達は「日本より随分規模の小さい花火に感動するなんて
アデレードにすっかり馴染んでしまったのね」と(笑)
お友達と交互に「Happy New Year」と言いながらハグし合い
New Yearにお仕事のハピはその後自転車を猛烈にこいで帰宅
今日は眠くてしょうがなかったけれど、なんとか無事に仕事が終わりました

皆さんも知ってるようにハピにとって2007年はまさしく怒涛の年でした
2008年は少しでも安定した日々を送り、2007年の疲れを取って
躍動の年2009年(勝手に思い込んでいる)に備えしっかり充電したい所
ということで2008年の「New Year's Resolution」を並べてみようと思います
1.体を絞りながら体力作り
おいしい物、ヘルシーな物をしっかり食べながら運動をして引き締まった体を目ざす
食べないダイエットは無理だと解ったので運動量を増やします
今年こそはジムに通うよ!
2.看護の勉強を再開
2月か7月に大学院の「緩和ケア」のCertificateのコースを始める
3.旅行に行って見聞を深める
オーストラリア国内(タスマニア、ダーウィンのどちらかには必ず行く)
海外旅行(ニュージーランド、フィジー、スペインのどれかには必ず行く)
4.料理の腕を上げる
洋書の料理を研究してハーブを使った料理のバラエティーを広げる
得意じゃない洋菓子作りにチャレンジ、まずはクリームブリュレからかな
5.知的で話題豊富な女性を目指す
もうちょっと世界情勢に目を向けたり、音楽、DVDとかのジャンルを広げる
いろんなジャンルの雑誌を買って読もうかと思っている
Woman's magazine(ゴシップ雑誌)、Time magazineとかね
Sunday mailという週一回発行される分厚い新聞を買って読む
6.男友達を増やす
頼もしいオージーの男友達を作ってキャンプとかサーフィンとか行きたいな
お友達から恋人に発展するのが1番手堅いよね
7.貯金を増やす
1年間で少なくともAUS$5000以上(弱気)
8.雑誌に記事を投稿
日本の看護雑誌にちょっとした記事を投稿して採用してもらうのが目標

ちなみに2009年の3大目標はもう決まってるのです
1.大学院の研究コースに進み博士号に行くことが出来る成績を残す
2.2月のAmerican Heart Assosiationのカンファレンスに参加する
3.一生を共に出来るような彼を作る♪
1.3の目標が高いので、2008年はそれに向けての準備期間(笑)
さあどうなるかハピの2008年!今年末の振り返りが今から楽しみです♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »