« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

荒れ荒れお肌

今日で7日間勤務が終わりました~♪♪
今回は「病欠」もとらず連続勤務頑張りましたよ!
↑当たり前と言わないで(笑)
もうLazy(怠け者)オージーに「Lazyハピ」なんて言わせないわっ!ふんっ!
さすがに連続勤務4、5日目になると疲れもだんだんたまってきて
仕事から帰ってすぐ料理する気にならず、お菓子を食べながら
メール、ブログをチェックしているとまぶたがとろ~ん
気がつけば床に転がり寝ていたり、化粧をしたまま眠ったり
そんなこんなでハピのお顔は大変なことに、ぶつぶつのごわごわですの(涙)

日本から持ってきた洗顔パウダー、化粧水が無くなってきたけど
日本から送ってもらうには化粧品って意外と重く送料がけっこうかかるし
ここオーストラリアでしばらく働くんだったらここで気軽に買えるものを探したほうが楽
美容液はずっと前から無くなっていたけど今まで肌トラブルなしだったので
まっいいか~と買わずにいたけど最近の超乾燥、超日差しの強い
オーストラリアの夏にさすがのハピのお肌も乾燥気味で必要となってきた
仕事の後まっすぐに向かったのは「Jurliqueジュリーク」
オーストラリアの自然派化粧品を売っているお店です
最近パーッケージのデザインがかわいくなりました!でも中身はとてもシンプル
ずっと前のブログでも書いたようにハピはJurliqueの
「Herbal Recovery Gel」と「Moisture Replenishing Mask」のファン(写真左2つ)
石鹸もすごく好きだけど、他の製品は今一匂いが嫌だったり
感触が物足りなかったりで結局この2つしかJurliqueでは買わないのです
今回は100ドル以上お買い上げの方にサービスをしていると
季節限定のShower Gel とBody lotion の小さいサイズ6本セットをもらいました♪

Jurlique_3   Julique   Shiseido_2
その後、化粧水と洗顔フォームを探しにひたすらデパートをうろうろ
こっちの洗顔フォームはほんと泡立ち、落ちが悪いし
化粧水もサラサラしてて、しっとりするものが少ない
手ごろな金額で質がよいものを探すのが本当に難しい
さんざん化粧品コーナーをうろつき、手に化粧水をつけてもらい決めたのは
写真一番右の「SHISEIDO(資生堂)」なんのこっちゃない日本のブランド
これが一番よかったのよ~!!!
洗顔フォームも化粧水もまさしく日本と同じ感触♪素敵♪満足♪
ただ、値段が日本のほぼ2倍高、泣く泣く支払いを済ませたハピ(涙)
店員さんによるとどうやらこのオーストラリアにあるSHISEIDOの製品は
ニュージーランドで生産されているんだとか、ハピは知りませんでした~
でも箱にはMade in Japanって書いてある、店員さんを信じていいのかな?
で、今回化粧品探しで改めて思ったこと
「化粧品は日本に帰った時に買いだめするべし!」
さあて、シャワーをあびてJurliqueのMaskで久しぶりのパックだな~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オージースラング講座 ①

ここオーストラリアで働くにあたり英語で非常に困っているのは
日常英会話や医療英語でもなくて
オーストラリア特有のスラング(俗語)英語!
患者さんもスタッフもかなりの頻度でスラング英語を使うので
ハピはいつも皆何しゃべってるんだろう、と???
昔ホストパパに貰ったオージースラングの本を読んでみたのだけれども
どうやって実際会話の中で使うのかわからない

この前もハピのペアと患者さんの所に行って話をしていたら
ペア:「You are as cool as a cucumber(直訳-あなたきゅうりのように冷やりとしてるわ)」
ハピ:「はっ?なんじゃそりゃ~!!」
患者:微笑んでいる
ペア:「ああこれね、患者さんがリラックスしてるときに使う表現よ
きゅうりって食べるとひんやりとしてなんだかリラックスできるでしょ、そこからきてるのよ」
ハピ:「なるほど~!そういえばハピこんなの知ってるよ
as fresh as a daisy とか as fit as a fiddle この表現普通に使う?」
これを聞いたペアが爆笑したあと調子に乗り、スラングの連発
それを聞いた他のスタッフも調子に乗り、オージースラング大会と化してしまった勤務…
そんな中ハピはひたすら「What ! What !(何、何?)」と叫び続け
意味をひたすら聞き、ノートに書き取って勤務の間中スラングのお勉強(笑)

たくさんスラングを教えてくれたので少しずつご紹介を
*You are as fresh as a daisy←ハピのお気に入り
(直訳-あなたデイジーのお花のようにみずみずしいわ)
朝シャワーをあびてリフレッシュした人に使いますよ~
これをシャワーの介助後に言うと患者さんはニコニコと笑顔になります♪
*You are as fit as a fiddle
(直訳-バイオリンのような楽器みたいに鍛えられてる?)
ジムやスポーツで鍛えて体が引き締まってる人に使います
これを面会に来たマッチョな息子さんに使って受けました
*couldn't work in an iron lung
これは役立たずで怠け者の人に使う表現らしい(汗)

忙しいときにはぜひこれら下記の表現をどうぞ
*Up the creek without a paddle
*Running around like a headless chook
*Flat out like a lizards drinking
*Going down the gurgler
*Busy as a blue assed fly
おしゃべりの人にはこの表現を
*Mouth from the south
ハピのペアは「おしゃべりだから北に移動しなくちゃ」といってました(笑)
*A bun in the oven-妊婦さんのこと
オーブンの中でパンが膨らんでる様子が妊婦さんのお腹みたいらしい
*dog and bone-電話
*Knockers-巨乳
*Dunny-外にあるトイレ
トイレに行く時は?
*gonna spend a penny
*Take a slash
*going to visit aunt Mary←けっこうオージー使ってる
ボケてる人にはどうぞこちらを、って言えないよね~
*There's a kangaroo loose in the top paddock
今日はハピの名前を呼ばれたのに気づかなくて歩いてたら
追いかけられて笑いながら「deaf as a post」と言われてしまったハピ…
意味は要するに「耳が遠い」ってことですね(苦笑)
では今回のオージースラング①の締めとして
「as funny as a heart attack(心臓発作起こすぐらいおもしろいわ~)」
皆さんもこれらのオージースラング使いこなしてみてくださいね
オージーとの距離が縮むこと間違い無しですよ!
これらの表現を使って受けたらぜひともご一報を~

| | コメント (12) | トラックバック (0)

どうにかしなきゃ

昨日お友達の家に行って一緒に作った「ソーセージパン」が
これまでにないほど激うま☆☆☆☆☆だったので
朝からこのパンに無くてはならないドイツソーセージの「ビエナ」を
町のセントラルマーケットに張り切って買出しに行き、もう一度作ってみました!
今回はマスタードも追加しさらに磨きがかかったソーセージパンに出来上がり
しかもお友達の助言でパン生地にた~っぷりイーストを投入
そのおかげでパンが冷めてもフワフワしっとり☆☆☆
たくさん出来たし、かなりおいしかったのだけど
これでは食べ過ぎておでぶになって夏にビキニが着れなくなる、と
残飯処理班を求め職場に持って行ってみました
反応は上場、手ごたえありでした~♪
 Img_0371
職場というと、ハピは明日から7日間連続勤務、考えただけでどっと疲れが…
最近体力が落ちてきてるなあ、と働いている時にひしひしと感じるハピ
遅出、早出、遅出、早出の4日勤務を繰り返した後はヘロヘロ
それにオーストラリアでは重い患者さんが多いから勤務が続くと体が痛くなってくる
勤務が長い時は適当に病欠を取って身体、精神的な疲れを癒すようにしている
ただ、この前ハピが病欠をした時に3人病欠が重なったらしく
残った早出勤務のメンバーは新人2人と派遣看護師のみになってしまったらしい
その勤務は悲惨だったらしく、弱い立場のハピに白羽の矢が
「病欠するなんてハピってLazy(怠けもの)ね~」とLazyオージーに言われてしまった…
いや~ビックリしたね~
ナースコールには誰よりも早く出て、猛烈にいつも働いてるのに
病欠しただけで「Lazy」の烙印を押されてしまったハピ、なんてこったい!
これじゃあ今週の7日勤務の間どんなに疲れても休めないよ~

基礎体力や背筋腹筋が衰えてきている中このまま休憩をせず働いていると
いつか無理がたたって病気になるか完璧に体を痛めてしまう恐れがある
どうにかしなきゃ、と海辺までのウォーキングを考えたけれど
今オーストラリアは真夏に向かっていて太陽光線ギラギラで痛い
日焼けしてこれ以上しみが出来るのはもう勘弁
アデにはオゾンホールが無いから皮膚がんになる確率も高い
と結局考えたすえ近所のジムに通うことに決める
ハピはこのジムの会員に実は2年前からなっているのだけれど
行った回数は数回のみ、日本に帰ってる間も脱会手続をし忘れ
ひたすらお金を払い続けていた(クレジットカードから引かれていた)
ところがジムに行って事情を説明、会員カードを亡くしたことを言うと
ご親切にも2ヶ月前に自動的に脱会としたと…
(普通は本人が脱会すると言わない限り脱会にはならないんだけどね)
新しく会員になると入会費がいるし、利用料も高くなるらしい
ということで2か月分利用料を払って継続して会員になることにしました
2、3日中に継続会員の確認の電話があって、会員カードが出来れば
ジムに通えるようになるらしい
半年後、筋肉でひきしまった体で腹筋をガンガンして
マシーンの上で猛スピードで走ってるハピを思い浮かべて体力作り頑張りま~す!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

貯蓄始めました

昨日から3連休で超リラ~クスのハピ、幸せ♪
3連休の初日は銀行(ANZ Bank)にいって3つのことをしてきました!
①日本にお金を送金
②デビットカードを作成
③預金口座の作成
担当のお兄ちゃんが①に不慣れだったし、ハピが②③に関して無知だったので
問い合わせ、説明時間を含め全て終わるまで約2時間ほどかかってしまいました
とりあえずハピの理解した範囲で①~③について説明してみます
①~③を考えている方は参考に~

①これはオーストラリアからAUSドルを日本円に換金して日本の銀行口座に送金する方法
Maney order(マニーオーダー)という郵便局からの送金方法がネットによく乗っているけれど
これはアメリカのシステムなのでオーストラリアでは使えないと言われた
その代わり郵便局からWestern Union(ウエスタンユニオン)というサービスを使い
日本ではスルガ銀行経由で送金するという手があるらしい
でもその銀行や提携している受け取り銀行がハピの家からかなり遠いし
ネット、テレフォンバンキングにうとい両親に送金の受け取りを頼むのは不可能
ということで銀行から送金することとなりました
そこで必要なのはもちろんハピが口座を持っている日本の銀行の詳細
必要不可欠なのは・銀行名・銀行の住所・銀行の電話番号・口座番号・口座名
これさえ提示すれば送金することが出来ます
その時スイフトコード(銀行のビジネス番号)がわかれば確実に送金できます
ちなみにハピは送金のお金が行方不明になるのは嫌だったから
スイフトコードをAUSの銀行から日本の銀行に直接電話して聞きました
換金、送金の手数料は32ドル、日本だと50ドルほど取られるから許せる範囲かな?
最近のAUSドルはAUSの選挙が近くて首相が今回変わりそうということで
政局不安定でぐんぐん円高に、今日なんか1円=AUS$94ですよ(涙)
今回のAUS$から日本円への換金ではちょっと損をしちゃいました、グスン…

②デビットカード(Debit card)はオーストラリアで永住権を持っていない人でも作れるカード
Credit機能が付いてるからオーストラリアで航空券の購入など
得にネット上で買い物する時に便利だと思って今回作成してみました
今は違うけど少し前みたいに円安になってるときにも便利
日本のクレジットカードを使って換金レートが悪いと泣きをみることもない
ただし、金額はCreditカードみたいに翌月払いになるのではなく
3日後ぐらいに銀行口座からお金が引き落としになるので
銀行口座に買った物の代金がきちんとあることが前提
これはWikipediaによるとアメリカの小切手Checkの機能に似てるようです
銀行のお兄さんが試しに本社にハピがDebitカードじゃなくてCreditカードが
使えるか問い合わせた所、オーストラリアできちんとした会社で正社員として働いているし
収入が安定、国籍も信頼できるからなんとCreditカードが作れると言われたのです
でも浪費家のハピがCreditカードをオーストラリアで持つのはちょっと危ない…
と考え直して今回は見送りに~

③貯金はProgress Saverという貯蓄プランにしました
これは好きなときに自分の預金口座に好きなだけ振り込むことが出来るシステム
この間預金口座からの出し入れ自由(2回目からは手数料がつきます)
最初の12ヶ月はなんと金利6.7%!がもれなく付きます
ただし、12ヶ月後は4.6%だったかな?に金利は下がります
下がるっていっても日本よりはびっくりするぐらいずいぶんいい
これも貯蓄率が低いオージーと、それゆえ国の財政が少ないオーストラリアだから
金利を増やして少しでも貯蓄率を上げ国の財政力を増やそうって魂胆もあるようです
ハピの場合AUSでお給料を貰っているし、換金率が最近悪くなっている中
少しでもお金を貯め、増やさないと日本に帰る時に損をすることとなる
ハピのたくらみとしては12ヶ月で5000ドル以上貯めて
12ヶ月後5000ドルから始められる金利が4.6%よりいい違う貯蓄プランに変えること
このプランでは12ヶ月口座から引き出せないという契約が付くみたいだけれど
お金に甘いハピにはむやみに引き出せないシステムのほうがちょうどいいのです
この金利はANZ Bankでの設定で、違う銀行での金利6.7%はないけど
5%以上の金利が固定して付く、という設定もあるようですよ
ああ、これからお金が貯まったり増えたりするのが楽しみだ~♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

切れがいい

アーストラリアのサランラップはへにょへにょで柔らかく
お皿にカバーしてもすぐ剥がれてくるし、くちゃくちゃになる
少し長めに電子レンジにかけるとサランラップに穴が開いたりひっついたり(涙)
日本のビシッとカバーが出来て熱にも強いサランラップが恋しいハピ
それでもここで生活している以上日本のようにはいかないし
こんなサランラップでも無くてはならないものだから
ある程度の使い心地の悪さはしょうがないと思っている

ただ、ハピがいつもキーッとなるのはサランラップをカットするとき
あのアルミのギザギザのカットする部分もへにょへにょだから
完全にスパッと切れないから、途中でビローンと伸びて切れたり
サランラップの端っこが箱の中で引っ付いて出てこず短く切れたり
ハピが欲しいサイズにサランラップが切れない!イライラです!

この前いつものようにスーパーをうろうろしていたら
ホホホ、とうとう見つけちゃいました、こちら↓
Img_0367_3  Img_0369
写真を見たらわかるように(見えにくかったら写真をクリックしてアップしてね)
サランラップの端っこに赤いカッターがついているのです☆☆☆
この手のサランラップをジャパレスでバイトしてた時に見ていて
なんて綺麗にサランラップがカットできるんだ、といっつも見てうっとり
普通のスーパーでは見たこと無かったので憧れの存在だったの
棚に残り1つのこの赤いカッターつきのサランラップをさっそく買い
家でさっそく試し切りをしてみると、とっても切れがいい!!
今までイライラしてたのが嘘のよう!何?この晴れ晴れとした気持ちは?
これからしばらくはストレスフリー(サランラップに関して)の生活が出来そうです♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ベストタイミング!?

不動産屋さんが定期的にハピの借りてるユニットに見回りに来るのだけど
その日が14日だとブログに書いたのだけどなぜか来たのは13日昨日
玄関は落ち葉でびっしり!表の窓ガラスにはくもの巣びっしり!
シャワールームの扉と鏡には石鹸がびしっとこびりつき
台所のシンクには食べた後の食器がいくつかあり
せっせと裏の窓ガラスを拭いてる時に「こんにちは~」とやってきた(涙)
その様子を見てあわてふためいたハピ
あっ定期点検は明日だと思ってたのに、アワワワ…
そんなハピを見て、お掃除してるのだったらいいのよ、とニコリ
シャワールームにある石鹸置きをひじで壊していたハピはビクビクしながら誤ると
あっこれ割れやすいのよ、取り替えて欲しい?いいわよ
とこれまたあっさりで、アレレ?
充分な点検もせず部屋を一回りして帰っていた不動産屋さん
ちゃ~んと家賃をきちんと払ってるし(オージーの払いはかなり悪い)
細かい所はともかく見かけはいつも綺麗にしてるからこういう時助かった~と
ずっと緊張してたぶんホッとして、なんだかど~ぷり疲れてしまいました

ほんと反対の意味でベストタイミングに来た不動産屋さん
だけどこの後まさしくベストタイミングなことが待ってたのです!
シドニー行きの飛行機のチケットをお友達とネットで探していたのだけど
ネットで予約するなら日本のクレジットカードで払うことになる
今日本円弱いし、換金レートが悪いから嫌だね~と言いながら
試しに為替のwebサイトを見たら…
つい最近まで1円=AUS約$105だったのが→約$98になっていた!キャー興奮!
今までの為替の動向を見たらこんなに上がっているのはここ最近ないし
いつも大幅にガクンっと上がったあとは必ず短期間で下がっている
フライトチケットを買うのは今だ~と即効でカードで予約♪
そして今日の為替を見るとやっぱり下がっていた!!!
1週間前の為替の値段と比べると$30ほどの得をしました、ホッホッホッ♪

ハピはビジネスビザ保持者で永住権を持ってないからAUSでクレジットカードが作れない
だから損するか、得するかの為替レートはすごく大切なのです
お友達が言うには「デビットカード」はハピ達もAUSで作れて
銀行に貯金があれば(使う金額の)クレジット機能が使えるらしい
それにデビットカードを申請して、信用があるとみなされれば
銀行にお金がなくても低額使用可能なクレジットカードもつくれるらしい
日本とオーストラリアの換金レートが得するか損するかとても微妙なので
そろそろ「デビットカード」を作ろうと考え中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

心不全の患者さんの死

心不全の終末期で緩和ケアが対象だった患者さんを看取るという
日本では出来ない貴重な経験をここオーストラリアですることが出来ました
この患者さんは前回のブログでも書いたように度重なる胸痛発作を起こし
心臓手術や冠動脈形成術の適応なのだけど、その治療を拒否されたので
度重なる胸痛と心不全の呼吸不全に対して常に苦痛がないように
2時間おきの2.5mgのモルフィン皮下投与という緩和ケアが行われていたのです

ハピが今回の緩和ケアで疑問に思ったことは
本当に患者さんは自分の病気、治療のオプション、治療をしないことでの予後
を理解し、治療しないことを選んだのだろうか?
患者さんがモルフィンで安らかに寝てるのに家族はなぜそこまで神経質に
「Let her go(楽に逝かしてあげて)」と訴えたのか?ということ
なぜならずっとハピは心不全の患者さんの緩和ケアについて調べていて
どの文献にも「緩和ケアを選ぶに当たり、患者さんが病気の進行状況、すべての治療
予後を理解して、はっきりした意思決定能力があることが前提となる、患者さんの
意思決定能力がない場合は家族に決定権がゆだねられることになるが
家族は感情的になることが多く、自分達の利益を考えることもあるので
正しい決定が出来ないこともある」と書かれていたから…
ある看護師は今回のことに対しこれじゃあ安楽死を助けてるようなものと言い
ある看護師は安らかに逝かしてあげることは患者さん家族にとって必要だから
モルフィネを投与することをためらってはだめだ、と言った
ハピの英語力もあり信頼関係を築くにも関わったのは短い時間で限界があり
常に家族が付き添っていたし
患者さんに本当に治療をしないという決定能力があったのかを確かめる
きっかけを見出すことが出来なかった
普通なら母を亡くすと言う大きな喪失感の中、死を導くであろうと思えるモルフィンを
使うことはためらわれるのではないか、と考えられるのに
家族はなぜそこまで母の死に協力的だったのか
というヒントすら見出すことが出来なかった
この患者さんの死を向かえ本当にこの選択は正しかったのだろうか、とういう
なんだか胸にもやもやとつっかえた気持ちが少し残ってしまった
唯一の救いは患者さんはもともとの姿のままほとんど苦しまず安らかに亡くなり
家族はハピ達にお礼をいい、すごく晴れやかな顔をして病院を後にしたこと

この患者さんが亡くなられた後「1時間ほど静かに1人にしてあげましょ」
と言った看護師さんに理由を尋ねると、おだやかに
「今ね突然世界が変わって魂が戸惑ってる所だから魂が落着いて
ちゃんと行くべき所へまでたどり着けるように少し時間をあげるのよ」と言われた
なんだか死がすごく神秘的に感じて、じ~んと感動したハピ
日本で死後の処置をするまで時間を置くのは確か、何か患者さんに奇跡的なことが
起こるかもしれないと言う前提や規定があったからだったと思う
今回「魂」という漠然とした理由を聞き、宗教感もあるのだろうけど
患者さんが亡くなってもなおかつその人を尊重しいとおしむ感じがして
すごく温かい感じを受けたし、死がすごく綺麗な事に思えた瞬間だった

その感動とは別に死後の処置はまことに簡潔で物扱いだった(苦笑)
以前は日本と同じようにお化粧をしたりというような
死後の処置がオーストラリアでもされていたらしいけど
今は体をさっと温かいタオルで拭いた後、使い捨ての白い簡易な服を着せ
足の指に名札をくくりつけ、大きな白いビニールで体を包み
ガムテープでビニールをぴっちり閉じ、名札を2つ上に貼るだけ
後は搬送係りに電話をし迎えに来てもらい、死体保管所に保存となる
ただ葬式の前には業者によって体は綺麗にされお化粧がほどこされ
宗教に合った素敵な服が着せられるらしい

そんなこんなでいろいろ思うことのあった初めてのオーストラリアでの
患者さんの死の看取りを終えました
次の看取りでは今回の教訓を生かし少しでも家族、患者といい関係を築き
心不全の患者さんの緩和ケアへの手がかりがつかめたらと思うのです

| | コメント (4) | トラックバック (1)

夜勤初デビュー

初めての深夜勤務が終わりました、やほほ~い♪
ハピが働いてる病棟の夜勤は夜9時~翌朝7時30分まで
他の勤務時間は8時間30分勤務だけど夜勤は10時間30分!
いくら夜勤は早出、遅出勤務に比べて楽チンでも4日も10時間以上
しかも普通じゃない時間に久しぶりに働いてさすがに疲れた~
4日目の夜勤が重症な患者さんや痴呆の患者さんがいて忙しかったのもあって
今日の夜勤明けはへろへろ、直行でベッドへ行き、バタンキュー
6時間ほどグッスリ眠り、今起きたところです

深夜勤務の始まりはもちろん申し送りから始まり
その後は皆でわいわいと全員の患者さんの見回り←意外と楽しい
それが終わると担当の患者さんの情報収集、カルテの整理をし
今度は各自が責任を持ち、30分~1時間おきに担当の患者さんの見回りに行く
夜勤では派遣看護さんの力量にもよるけれど
受け持ちの患者さんは6~8人で1人で責任を持って見ることになる
早出、遅出より1人が受け持つ患者さんは多いけど
ほとんどの患者さんは(特定の人を除いて)寝てるからナースコールも少ないし
検査や入退院という出入りが少ないから本当に楽チン
トイレに行く手助けをしたり、痛み止めを配ったり
術後の患者さんの観察、ドレーンチェック、尿量チェック、点滴チェックをするぐらい
ペアで働かないから自分のペースで仕事も出来るのもいい
ただ、ハピの受け持ちの部屋に心不全の終末期で、治療を拒否し
緩和ケア対象でモルフィネを2時間毎に注射してた患者さんがいて
いつ呼吸が止まるんじゃないかとちょっとドキドキ
づっと一日中付き添ってる家族に
「Let her go (苦しみから開放してあげて )」と何度も言われて
英語で気の利いた声掛けも思いつかず、ハアア…
ハピの勤務にだけには逝かないでね、との願いもむなしく
結局この患者さんはハピの夜勤4日目に静かに息をひきとられました
なかなか死について考えさせられる時を過ごしました

深夜中休憩室での休憩はないけどナースステーションで椅子にどかっと座り
お菓子、ジュースをのみながらゆったりお仕事、おき楽ですよ~(笑)
他の看護師はCDを聞きながら歌ったりしててこれまた超リラ~クス
ワイワイと雑談したり、普段聞けない噂話を聞いてなかなか楽しい勤務でした♪
ただ、いつもに比べて暇すぎて不覚にもナースステーションで居眠りこいてたハピ
皆の視線が熱く?注がれてるのに気づいて目が覚めました(恥)
↑オーストラリアで初の夜勤なのにリラックスしすぎよね(笑)

そんなこんなで初めての長い長い4日間夜勤が終わり2連休に突入で~す♪
2連休の間には不動産屋さんが借りてるユニットの見回りにくるので
せっかく手に入れた綺麗なユニットから追い出されないようにひたすらお掃除
2連休の後は6日間勤務なので買い物にも行かなきゃいけないし
来月のシドニー旅行に備えてお友達とミーティング、飛行機やホテルを予約したりと
この2日間ゆっくり休む暇もなく、なんだか忙しくなりそうだ~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

英語のレッスン始めました

働き出してもろに「英語の壁」にぶちあたっているハピ
ちょっとしゃべれるぐらいの英語じゃネイティブのスタッフと
対等に働くには限界があると痛感する毎日、ハアア…

働いている部署が急性期だしものすごい忙しいということや
今まで長年AUSに住んでいてオージー並に話せるインターナショナルナースしか
受け入れたことがないし、ハピの部署はほとんどオージーナースということもあってか
皆すごく話すスピードが速い!!ハピ相手に容赦ないのです!
話かけるさい少しでも間を入れようものなら相手はアッと言う間にいなくなってしまう
最初はこの状況に圧倒され相当のアワアワ英語だったけど
最近は少しましかな?でも超忙しくて慌てると今でもアワワワいけてません
それにAUS独特の言い回し(スラング)を理解するのに非常に苦労しております

2人の看護師がペアになって働くので頻回なコミュニケーションは必要不可欠
「どこまで済んだ?何が残ってる?私○○したよ、今○○してる」
ということから患者さんの状態、医師の指示まで全て情報交換をする
黙って仕事してたら「コミュニケーション!コミュニケーション!」と怒られちゃう
今ではしつこいぐらい「これしたよ、これからこれするよ」と言っております

患者さんと普通のたわいもない会話なら出来るし
患者さんとはじっくり向かい合って話せるのでさほど苦労はしてないのだけど
ちょっとした英語が出てこずアワワすることも
この間は擦り傷という単語「Graze」が突然出てこず「Wound」と言ったハピ
でも「Graze」は表面的な傷に対して
「Wound」は深めの傷のことで本当は全然意味が違う、イケテナイハピ…
あと、患者さんに思うように動いてもらう細かい表現が微妙に難しい
老人ホームでバイトしてたお友達は介助する英語を結構知ってるから
そこまで苦労はしてないようでうらやましいばかり
例えば「体がベッドの下にずれてるから少し体を動かして上に上がれる?」とか
「椅子に座りましょ~、足をベッドの端にずらして、体を起こして…」など
こういう会話をただ1行の文で話すのではなく
患者さんの状況を見ながら細かに指示していかないといけないから困ったもの
何かの拍子でいつも表現がわからなくなってつまってしまう

お金をもらって働いているいる以上プロフェッショナルな看護をしたい!
医療系ドラマのDVDを聞いて勉強したりするけどハピが知りたい表現を
すぐ学べるわけではないし、なかなかピンとくるフレーズがないことも多い
毎勤務耳をダンボにしてスタッフが話しているフレーズを必死で聞いてるけど
ハピの頭も加齢で覚えるのにも限界があるし、忘れるのも早い
ということでとうとう英語のプライベートレッスンを始めました!
昨日は2度目のレッスンに行ってきましたよ☆
ハピが対応に困っている表現を教えてもらったり
先生に実際に患者さん役になってもらい、ハピが看護師役になり
上の例に書いたような細かい動作を実際しながら英語を学んでおります
その表現を患者さんに使うと、思ったように患者さんが動いてくれるので
すごく看護がしやすくなりました♪

では習ったことをほんの少しご紹介
「見舞い客がナースステーションに来て患者さんの部屋を訪ねてきた時に使う表現」
いつも「Over there」「Down there」とかといいながら指を指して案内し
複雑な場所だと説明出来ないから部屋まで案内するしかなかったのです
これらの表現を駆使すると正しく道案内できるようになりますよ
・Go straight down/up the corridor
・Turn left/right at the snack dispenser/drinks machine
・Go straight through the double doors
・Take the lift to the second floor
・Go left, walk straight ahead until you get to a...., then go right
・You will see a...... Onece you're there, just go up the steps to the first floor.
あっここからは有料ですので(笑)
皆さんこれらの表現便利なので使ってみてくださいね~

| | コメント (12) | トラックバック (0)

パエリアに挑戦

冷凍庫に保存していたお魚が底をついてきたし
今日を逃してはしばらく日曜日の休みがないということで
フィッシュマーケットに早起きして行ってきました♪
今日も相変わらずたくさんの人でした~!
Img_0363  Img_0362
(フィッシュマーケットの入り口)    (野菜などのマーケット)
しばらく来ない間に少し魚の種類が変わってて興味深々
すっごく綺麗な色の鮭に目を奪われ2切れさっそく購入し
ムニエルに出来そうな白身魚の切り身3切れ
定番の生牡蠣1ダース
アクアパッツアを作ろうと鯛1匹(AUS$15)も購入
蛸のから揚げが食べたいのででっかい蛸の足2本(1本AUS$5!)
パエリアに使うムール貝、アサリ、立派な海老
計AUS$80ドルほど魚貝に費やしてしまったハピでございます
ちょっと調子にのって買ってしまった、トホホ…
まあこれで1ヵ月はお魚を買わなくてよさそうなのでいいこととしよう
ついでに野菜のマーケットでパエリアの材料のレッドカプシカン(赤ピーマン)
とお友達のリクエストでアーティチョークを購入

そして夕飯には張り切って「パエリア」を作ってみましたよ~☆
Img_0366
↑なかなか豪華に出来たでしょ♪
しかも味もかなりおいしくて大、大満足☆手をかけたかいがありました!
ただ食い気に走りすっかりレモンをかけるのを忘れてしまったハピ達(涙)
すっかりパエリアにはまってしまったハピ、フィッシュマーケットの後は毎回パエリアだな
次回はレモンを忘れないようにしなくちゃね(笑)
レシピはいつもお世話になってるCOOKPADhttp://cookpad.com
の本格派パエリアメニューいくつかを参考にしてみました
皆さんもお試しあれ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新しいワインを求めてin Clare Valley

久しぶりに週末がお休みだったので先週末お友達とお出かけしてきました♪
出かけた先は「Clare Valley(クレア・ヴァリー)」というワイナリーがいっぱいある地域
世界的に有名なワイン生産地「Barossa Valley(バロッサ・ヴァリー)」
より少し北に向かった所にあります
車での所要時間は行きは迷ったり、休憩しながらで約3時間、帰りは約2時間でした
以外に遠くて疲れたわ~
お友達が早く車の運転の練習をしてくれるのを願うのみ☆

あいにくどんよりとした天気だったけど
最近天気だと気温上昇が激しいし、太陽光線が痛くて痛くてたまらないので
この天気は長距離運転にはもってこいでした
道路わきには紫の花が一面に咲いて紫の絨毯のようになってて
すっごくきれいで感動しちゃいました
そしてその紫の丘でのんびりしている牛達を見ると気分もホワ~ン♪
Img_0349  Img_0360
写真は曇りなので今一だけど実際はもっと綺麗だったのよ
そして Wellcome to Clare Valley という看板を30キロ先!に見て
やっと1つめの念願のワイナリーに到着しました!
ハピはBarossaにあるような商業用のいくつかの大きなワイナリーは好きじゃないから
「Clare Valley」にあるいくつかのこじんまりとしたブティックワイナリーが気に入った♪
ここにはBarossaのようにレストランやお店がたくさんないけれど
ちょっとあるレストラン、カフェはなかなかお洒落でなかなかよいのではないかと
って観光案内所で情報を貰って行ったレストランは閉まっちゃってたけどね、残念

で、本命のワインの味のほうは「けっこう美味しい!」
2番目に行った「Tim Gramp」というワイナリーは最高☆☆☆☆☆
www.timgrampwines.com.au
特に「Watervale Cabernet Sauvignon」が激うま!
美味しくて気分を良くしたハピは記念撮影をしてもらってから
試飲で借りてたグラスを握りしめたまま車に乗り込む所でした(恥)
本当においしかたのでもっと買っておけばよかったと後で後悔
「Taylors」もここアデレードで有名なワイナリー
アデのいろんなレストランのワインリストで見ることが出来るのです
ここではフルーティーな味が気に入った「Unwooded Chardonnay」をお買い上げ
  Img_0355   Img_0352
       Tim Gramp                     Taylors 
ハピが寝坊、酔っぱらったのもあってのんびりしてたら
ワイナリーが閉まる4時までに4つのワイナリーにしか行けなかった
次回行く時はもう1人運転手を確保して頑張って早起きだな~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »