« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

4連休~♪

病院実習を火、水曜と12時間しているぶん
週の病院実習の回数が3日→2日へ減ったので
なんと木曜日から日曜日まで4日連休になりました
やっほ~~っ♪

久しぶりに昼すぎまでダラダラできる幸せをかみしめ
やっと行動を起こしたのは昼の3時(笑)
日本に帰ったお友達のおぼっちゃんの誕生日がもうすぐだし
おぼっちゃんに「プレゼントをあげる」とアデで約束していたので
ほしがっていた「Money piggy box(貯金箱)」を買いに
家から15分ぐらいのところにある「アデレード空港」まで出かける
いろいろ探したけど空港にあるお店のが一番よかったのよね
しかもアデレード空港の中にある搭乗口近くにあるそのお店まで
航空チケットがなくてもセキュリティーチェックさえ受ければ簡単に行けちゃう
この大まかさがいいね~

目当ての品物を無事ゲットし家に帰る途中で急激にお腹が減ってきたので
この辺りでおいしいと言われてる店に「Fish & Chips」を買いにいく
  Img_1840
これ何度か食べたことあるのだけど本当においしい
魚のフライもポテトも注文してから揚げてくれます
魚のフライはとってもでっかくてぶあつい、衣はサクサク
今日のサイズは長さ20cm横8cm!完食してお腹パンパンです
フライドポテトは太く、食べるとホッコリ甘い
まんべんなく振りかかっている「chicken salt」も美味
ポテトが魚の下にぎっしり詰まってます(きっと日本の3~4倍の量)
家まで我慢できなくてポテトを車でつまみぐい、へへっ

このお店の近くにある「八百屋さん」のお野菜もなかなかなので行って
「Fish & chips」を片手に持って野菜の品定めをしていたら
「あら~なんだかFish&Chipsのおいしそうなにおいがするわ~」
って店員さんやお客さんに言われる
「近くのお店で買ってきたの」って言うと皆口をそろえて
「あそこのお店のFish&Chipsは最高さ!Chickenも最高だよ!」とニッコリ
Fish&Chips通のオージーが言うので「おいしさ」も納得できる
今度はchickenを食べるぞ~

その八百屋さんで買ったのは、これら
   Img_1842
安売りの白菜半分AUS$1-八宝菜にいいんじゃない
安売りのインゲン豆一袋AUS$2-天ぷらにして抹茶塩で食べよ~っと
芽キャベツ一袋AUS$1.5-寒いからシチューにいいかもね
計AUS$4.5(約450円)安っ!
なかなかよい買い物が出来ました♪

さて、そろそろ勉強を、と思ったらTVがおもしろそう
6時半~「Neighbors」AUSの人間関係がどろどろしたドラマ
7時~「Big brother」ちょっとばかげた番組だけどついつい見ちゃう
7時半~「Teen fit camp」ものすごいおでぶちゃんがダイエットに挑む番組
ここまできたら、今日はきっぱり勉強を忘れるぞっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大混乱続く

やっと2日の12時間実習が終わりました♪
昨日は同じ患者さんが長く持てていいな~って思っていたら
今日は早出勤務中担当だった患者さんの担当看護師が
派遣看護師さんになるので患者さんを変えないとだめと、アララ…

早出から引き続き、4時間ちょっとの遅出勤務でも看護記録を
書かなくちゃいけないし、違う患者さんの情報収集も必要
「ペースメーカーを埋め込んだ後入院になる患者さんなんてどう?」
と言われなりゆきで断れず術後の入院患者さんまで受け持ってしまい
うっひょ~~!!とかなり青ざめてしまったハピ…
でも、遅出担当の看護師さんがめちゃくちゃいい人だったし
患者さんは比較的年だけど難聴ではなかったので会話もばっちり出来
全てがスムーズに進んだので、なんとか今日も切り抜けれました

最初はハピの乏しい英語にびっくりしていた患者さんも(笑)
最後には慣れたようで「いろいろ気使ってくれてありがとう」
とニッコリしてくれたり、廊下ですれ違うと声をかけてくれたりして
久しぶりに心から看護の楽しさを味わえたような気がします

今日は患者さんに笑いをとってしまったハピのおかしな?英語を1つ
患者さんが「いつも裸で寝ているから病院のガウンはいらない」と言ってたけど
部屋がちょっと寒かったのでもう一度病院のガウンがいるかどうか聞いた時
ハピ「It's nearly 6 o'clock. It's getting darker and colder isn't it.
       Are you happy with being naked ? ←ここがちょっと変みたい」
   もう6時が来るわ、だんだん暗くなって、寒くなって来たわね
   ずっと裸でいいの?(注:ずっと裸で嬉しい?とは直訳しませんよ~)

Aさん「hahaha...I'm not totally naked. I'm wearing underpants」
   ハハハ…まるっきりの裸じゃないよ、ちゃんと下着履いてるよ
   と笑いながら下着のパンツを見せてくれました
「Would you like to put your gown on ?」や「Are you still Ok to not wear a gown」
とも言えたけど、何か他の表現が使えるんじゃないかと思って言ってみたら
笑いを取ってしまいました。この表現そんなにおかしいのかしら?
まあ英語の表現はともかくとして、それから患者さんと仲良くなれたし
ちゃんと言いたいことは伝わってのでいいこととしましょう(笑)

最近の不快な実習で、すっかり「ハピの英語の乏しさ」に嫌気がさし
「患者さんが何言ってるかわからない」「看護が楽しめない」とAUSでの
就職に魅力を全く感じず、楽しく、やりがいのある看護を日本でしたい、と
すっかり日本に帰る気満々になってたハピですが
実習が思わぬ楽しかったので、またもや悩んでしまうAUSでの就職
でも楽しかったからといって、就職するもの無責任なような気がする
英語が乏しいのに本当に責任持って看護が出来るのか自信がない
もうすぐ大学も終わりだというのに、この先どうしたいか決まらない
困りました、ハピの頭の中はさらに大混乱です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12時間病院自習

今日から恐怖の12時間病院実習
昨日は考えただけで「吐き気」を催しそうだったけど
実際終わってみれば
同じ患者さんを長い間持つのでしっかり情報収集も出来るし
その間業務だけに追われず、患者さんとの信頼関係も作れるから
「12時間実習ってなかなかいいぞ」って気に

しかもハピが苦情を訴えてから
病棟の実習責任者がハピの担当看護師になってくれるので
す~~~っごく実習がやりやすい!
大学の先生も病気から復帰してきちんと病棟に来てくれ
きちんとハピが大丈夫かどうか見てくれてるので気分的に安心
でもいつもの「病気」「病態」「薬」などの質問攻めは健在(笑)

今日質問攻めの後少し日常会話をしていると
「1人の看護師(K看護師)が言ったことは気にしないで
あなたに何の問題もないと病棟責任者と話してたの
それどころか知識に裏付けられた素晴らしい看護が出来ている
もともとK看護師は学生の時問題児で大変だったのよ…」
とポツリと裏事情が(笑)

先生はハピの英語に何の問題はないと言うけれど
ハピをこれ以上落ち込ませないという「やさしさ」からだと思う
ハピの英語はAUSの病院で働ける最低限の英語力
決して問題がないわけではない、大有りなのです
英語の壁は高いな~とつくづく毎回思ってしまう病院実習です

ハピの「乏しい英語」「実習の苦労」話ばかりしてもつまんないので
今日の実習中にちょっと感心したことを2つほどご紹介

今日、心臓手術前の患者さんを受け持ったのですが
術前教育として「Clinical Specialist」が来て手術について説明
そのあと「ビデオ」を患者さんと一緒に見ました
病院独自のもので出演者は実習病院で実際に働いている
先生や理学療法師や看護師さん達と患者さん
術前、術後に何を何の為にするのか、が細かく描いていて
複雑な過程を視覚を通して一度に理解できるようになっていた
このビデオ、最高~によかった!

その患者さんの部屋に点滴を確認しに夕方行くと
術衣を着たような人がいたので「心臓外科の先生ですか?」
って尋ねると「散髪屋だよ、術前で毛剃りに来たんだよ」って
え~散髪屋さんが患者さんの毛剃り~~~っっつ!
日本では「毛剃り」は看護師の仕事なので予想外の返答にびっくり
でも、よく考えてみれば散髪屋さんは毛剃りのプロだよね
ん~なかなかこれまた良い考えです

今日の実習はなかなかよかったな~と家に帰って
大学からのメールをチェックすると
「Critical thinking(批判的思考)」の最初の課題の添削が返ってきてました
おそるおそる結果を開けてみると
「Distinction」と書かれていました!やっほ~~~っ♪♪♪
しかも点数は83点であと2点あったら「High Distinction」だったのです
う~っ!く~っ!おしい~っ!
でも満足♪満足♪これで少し気分的に楽になれました
明日も12時間実習、さあそろそろ寝るかな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

えっ?もう終わり?

6月11日で大学の全ての授業が終わると思っていたら
「その日は祝日だから授業はないよ~」とクラスメイト
ということは来週の月曜日で大学の全ての授業が終わるのです
早い~~~~っ

ハピの気分的にはつい最近大学後期が始まったような感じ
というか2月に大学は始まったからつい最近ではないのだけど
大学後期の間に短期休暇があったからそう感じるのかも

1年前(去年の7月)に始まったハピの大学のコースももうすぐ終わり
もう大学で勉強が出来ないんだ、と思うとなんだか寂しいような
実習にもう行かなくてもよくなるんだ、と思うとさっさと終わってほしいような
と~っても複雑な気分です(←単純だろう!(笑))

でもそんなセンチメンタルな気分に浸っている場合ではない!
2つの課題の提出期限、事例発表の日が刻々と迫ってきてるのだから
そんな考える暇あったら、課題に使う文献読もう!みたいな

今日クラスメイトに就職活動が進んでいるか聞いたら

クラスメイトA
「メルボルンの2つの病院に履歴書送ったけど全然返事がこない
観光ビザに延長して就職探さないといけないかも…」
クラスメイトB
「シドニーの病院に履歴書送ったら電話が来て、2時間もどうして
1年のコースを選んだのか、とか何でオーストラリアに来たのか、
とか感じの悪い質問責めにあって疲れた、合否の結果はまだ」
「アデレード内の1病院から質問がいっぱい書かれたe-maiが来て
それに対する答えを700文字ぐらい書かなくちゃいけなかった
課題もあるし、そんなことしてる暇ないのに~」と嘆いていた

となかなか皆大変のよう、ん~ますます悩んでしまうAUSでの就職活動
乏しい英語、人間関係にストレスを感じ、血を吐くような思いをしてまで
何でここで就職しなくちゃいけないんだろう、なんて思ってしまう
休暇がたくさん取れる労働条件や、その割にはとてもいい給料は魅力的♪
でも、休暇、給料よりもハピが満足するのは「よい看護が出来たとき」
とりあえずアデでAUSの看護師として登録さえしておけば
「Cardiac Specialist」のコースに入れるから一旦やっぱ帰るかな~

ってブログ書いてたら母から
「弟の2人目の子供がたった今生まれた!」と写メール
ああああ~赤ちゃん見たい~~~っっつ!
心はすっかり日本、帰る気満々のハピになっちゃいました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒い物体

今日朝キッチンに行って目がパチクリ!!
なんじゃ~この黒い物体は~!

正体は食べ散らかしてそのままにしていたお皿に群がっていた
あ・り・ん・この軍団
うぎゃ~きも~~~~~い!!
ありと格闘すること30分以上、大量の洗い物終了まで計1時間
朝からどっぷり疲れました…

昨日はハピん家でお友達と「お茶」&「鍋」&「飲み」&「おしゃべり」
昼3時頃にお友達に会ってからさよならしたのが夜1時30分
会も終わる頃には食べ過ぎてお腹がパンパン
しゃべりすぎ、笑いすぎて喉がからから
ほんと楽しかったわ~♪

お友達が「お茶のお供に」と持ってきてくれた「甘い物」はそれぞれ
Kitkat Toffee Koreanice
黄な粉抹茶味キットカット(日本より)
抹茶味のお菓子はなかなかアデでは手に入らないのでうれしい♪
まだ少し残ってるので大事に食べよ~っと
Hazelnut toffee(ヘーゼルナッツ入りトフィー)
日本ではタフィーとも言う欧米で人気の砂糖やバターを煮詰めたキャンディー
サクサクした食感と、あんまり甘くない感じがすごくいい、気に入った♪
韓国製モナカアイス
バニラ味のアイスですが中に「あんこ」と「餅」が入っててかなりいけた♪
早くマーケット内の韓国食材店を見つけて買いに行くべし!

どれもかなりおいしくて幸せ~な気分に
今日の体重測定は怖くてスキップ、明日ね~

昨日はAUS(メインはアデレード)と日本の人、文化について
かなり話が盛り上がり(考えてることは皆ほぼ同じだった(笑))
実習での悩みも聞いてもらい、的確なアドバイスももらい
かなり気分は上昇傾向
かなりパワーをもらいました、皆ありがと~
涙、涙で感謝ですわ

昨日は一日中遊んで過ごしたので、これから大学の課題と格闘
さあやるぞおおおおお~~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大混乱

今日は緊急入院患者さんが計4人もいたし
混乱している患者さんも大勢いたので、病棟はかなりバタバタ…

混乱している患者さんには「safety mat」という、患者さんが動くと
ナースコールが鳴るようになっているマットをベッドに敷いたのだけど
患者さんが動きまくってナースコールが鳴るばかりするので
結局1人の学生が見張りを頼まれていた。挙句の果てには
患者さんはナースステーションの前の廊下にベッドごと出されていて
これって日本と同じジャン、なんてちょっと笑えてしまった

受け持ってくれた看護師さんは2人も入院を受けなくちゃならなかったし
それをハピと一緒に全てしようとするのでものすごく忙しくて疲れた
というか要領が悪い看護師さんの右往左往に付き合って疲れた
緊急入院の患者さん以外の患者さんと充分に話もできず
いざ看護記録を書こうとしたときにに「ねた」が見つからなくて困りました

なんだかハピ、へたに看護師としての経験があるし
看護に対しての批判、評価がかなり厳しいので
看護師さんの要領の悪さ、知識不足についついイライラしてしまう
もっと効率よくテキパキと働けるだろう
心臓の病棟にいるんだからもっと心電図のこと知ろうよ
みたいな…

こんなふうに思っちゃうからダメなんですね
思ってることは相手に通じちゃうもんですから
この態度を改めなければっ!

そうそう、実習もあと少しだな~と思っていた頃
「ウィーンウィーン」と甲高いサイレンが病棟に響きわたる
患者さんに緊急で死に至るような異変が起こった時、見つけた看護師が
緊急を知らせ、応援を求めるボタンを押した時に鳴る音
なので皆ダッシュで患者さんの部屋へ
学生の1人がベッドサイドに倒れている患者さんを見つけて
緊急ボタンを押したらしい(スゴイ!よく押した!)

本当はすっごく看護師さんが対処をしてる所が見たかったのだけど
学生はそういう時には「ナースコールや電話に出ること」と言われてたので
「電話が鳴りませんように」と祈りながら詰め所にもどって待機
AUSの3年生が電話に出てくれていたのでハピはナースコールへ

とりあえず病院内の緊急チームが来てスタッフは自分の仕事へ戻る
大混乱だった遅出勤務のスタッフは珍しく残業を抱えぐったりしていた
その様子を尻目に学生達は退散…
は~めちゃめちゃ疲れたわ~

最近病院のシステムにも慣れ、単なる労働にしか思えないことが多く
ハピならもっとうまく看護が出来る、もうさっさと働きたい、と思う反面
「言葉」のことを考えるとやっぱり就職は無理かな、なんて思う
それにどうやら一番の目的の「スペシャリストのコース」には
AUSの看護師として登録さえしておけばたとえAUSで働いた経験がなくとも
入れることが分かったので、一旦日本に帰って、もっと勉強して
休憩して、お金貯めて、出直してきてもいいかな、とも思うようになってきた
ハピの頭の中もこの先どうするべきか、ただ今大混乱になっているようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとした開放感

ここ最近の不快な実習でそうとう精神的にまいってたハピ
今日も実習かと思うと、朝からどよ~んとした気分
でも「おいしいな~♪」ともりもりご飯が食べれる所を見ると
まだまだ悩む余裕があるな、と思ってみたり(笑)

ちなみに今日の実習はかなりよかったのでホッ♪
受け持ってくれた看護師さんも受け持った患者さんも最高!?でした
看護師さんは常にハピの声に耳を傾けてくれ、適切にアドバイスをくれた
なのですっごくリラックス出来てほぼパーフェクトに実習が出来た
「あなたの実習に対する態度はすばらしい」とお褒めの言葉もいただき、
患者さんには「いい看護師になる、英語うまいね」と言われ気分はやっと上昇
どうやらハピの気分、病院実習の出来は「看護師」「患者」さんによって
かなり変わるようです
なので今日がよかったからといってぬか喜びも出来ません
明日はまた状況が変わるのだから…

今日受け持った90歳のおばあちゃんはとっても笑顔が素敵
例の安いポップなハピの時計を「素敵」だと何度も褒めまくっていた(笑)
こっちの人って年取ってもけっこう派手な物好きなのよね
腫れてた足のむくみもきれいに消失し、歩行器を持ってスイスイ歩いてる
きれ~にお化粧もして、寝る前には素敵な夜用ガウンに着替えている
薬を配ろうとしたら「心臓に効くオレンジの薬があるはずよ」って覚えてる
今回元住んでいた家には帰れず、老人ホームに行くようになるのだけど
「もう年取ったからしょうがないのよ、家族にも迷惑かかんないしね」
と明るくスパッと言い放ついさぎよさがとても素敵だった
年をとってもお洒落を忘れず、記憶力抜群、独立しているおばあちゃん
こんなかっこいい生き方にハピはあこがれちゃいます

84歳のおじいちゃんは戦時中医療品を運ぶパイロットだったようで
「爆弾が落ちてくるぞ!!」と部屋に行くと脅す(笑)と申し送りがあったけど
ハピが部屋に行くとすかり「エロじじい」になってちょっとてこずりました
どうやらおじいちゃん的には54歳でハピの彼氏になれる年だと…オイオイ
「朝まで一緒に寝てくれたら銀行一つ分あげる」と言われたけどゴメンですわ
「いい夢見てね~」とさよならしてきました

どうやらハピの噂(苦情を言ったこと)は病棟、生徒中を駆け巡っているようで
何やらひそひそ言われてるような気がしないでもないですが
聞こえないのであんまり気にならない、いいことです
(陰口は聞こえないように言うのが礼儀だろう!!)
これでハピがハピらしく実習が出来ることを祈るばかり

明日遅出の実習に行ったら来週からは恐怖の12時間実習(泣)
ハア、思いやられます。対策が極端なんだよね~

| | コメント (2) | トラックバック (1)

12時間実習!?

なんとか無事に今日の実習が終わりました、わ~い♪

朝1人の患者さんの所に行くと「胸が5分前から痛いんだ」という
ここAUSでは患者さんが狭心症発作を起こしたら
看護師の判断で酸素をすぐ投与するようになっています
でも心電図はとらないから不思議なんですよね~
心電図とらずして虚血発作を起こしているかどうか分かるの?みたいな
とりあえず血圧、脈、酸素濃度を測り、酸素マスク(6ℓ)を開始し、看護師を呼ぶ
血管を拡張する薬を舌の下にスプレーしてひとまず患者さんの
胸の痛みは治まる、明日「心血管造影」の検査をする予定なので経過観察に
その患者さん、その後トイレで軽い下血(血が混じった便)があったので
血液検査をしたり、飲み薬を変更したり点滴したりと処置が続く
ひと段落して「だいぶ気分が良くなった」とニッコリしていた患者さん
だけど、午後から「弟さんが今日亡くなった」という報告を妻から受ける
悪い時には悪いことが重なるものです…
ショックで重症な発作、消化管出血を起こさず
無事に検査を受けることが出来るよう祈るばかりです

違う患者さんはかなり頑固者の耳の遠いおばあちゃん
しかもハピの発音がどうやら気に入らなかったらしく
「He(彼)って言ったのがShe(彼女)に聞こえる、HeよHe!!」
何度きちんと発音してもしつこく言うので「He」を「Dr」に言い直して
「OK」と。難聴の頑固ババア(失礼っ)にはなかなか疲れます…

もう1人の患者さんは22歳の時にイタリアからAUSへ移住
若いうちに来たせいかアクセントがほぼ「オージーアクセント」でびっくり
特有の舌を巻いたイタリアンアクセントが全然なしでした!
AUSのラジオの通信講座で英語を8ヶ月習ったとか
ただ1つ言えるのは「ものすごいおしゃべり」ってこと
やっぱり語学をものにするには、しゃべってなんぼですな(笑)

ハピの問題「K看護師」とのことは「e-mail」を先生にして解決しつつあります
先生も実習責任者も「あなたの英語に何の問題もない」と言ってくれ
「きちんと知識に基づいた観察、報告も出来ている」と言ってくれました
ただ「K看護師」と一緒に働かないためには「月~水」で実習をしないといけない
でも「月」はほぼ1日大学の授業があるから自習は無理
そこで先生が考えたのは3日の実習をやめて
「火、水」と2に減らしてその分12時間!!!の実習をするということ
ハイ!?12時間?ハピ疲れて死んでしまいます、と言うと笑ってた先生
でもこの方法しか「K看護師」を避ける方法はないと(泣)
ただ今大学側と病院側でハピがこの勤務が出来るか交渉中
ん~微妙ですなあ…

あと「患者さんの事例発表」の日が決まりました
これは看護学の60%を占めるテストで、このテストしだいで
卒業出来るかどうかが決まるのです
事例発表の前の日に患者さんを決めて、次の日に発表
前の日は朝から病棟に行って1日ひたすら情報収集だけに使える
でも情報収集したことを帰って調べたり、表を作ったりする時間は1日もない
その間リサーチして患者さんに関連ある論文も見つけないといけない
とにかく無事に「パス」することを祈るのみですな

| | コメント (2) | トラックバック (5)

変身~っ

ずっとAUSで使ってた時計の電池が切れたので
近くの時計屋さんに持っていって電池交換かな、と思ったけど
ちょうど近所の雑貨屋さんでかわいい時計を見つけた所だったので
その時計をお買い上げすることに

値段が安い分(AUS$20!)、見た目はかなり安っぽいけど
ポップな感じが「実習を楽しくさせてくれそう」で気に入ってしまった
実際腕にはめてみると、かなり浮いてて目立つ…
 Clock
(パジャマで失礼…)
どこかのボタンを押したらなんだか「変身」出来そうな感じでもあります(笑)
この時計実習以外の場面では(実習でも?)浮きまくりそうなので
普段使いには出来そうになく、今まで使ってた時計の
電池交換は結局しないといけないようです、トホホ…

最近もう1つ購入したものが!それはこちら
 Earmuff
決してウォークマンのような素敵なものではありません
「Ear Muffs」という耳を騒音から保護するものです
仕事が決まるまでのアパートから当分離れられそうにないので
騒音対策にと、奮発して購入してみましたAUS$39なり!

最近時々大音量の音楽がどこからか聞こえてくるものの
近所の人がきちんと苦情を言ってくれているようですぐ静かに
全体的にアパートがなんだかとっても静かになってきてうれしい
しかもハピの下の階の人もここ2、3日夜中とっても静か♪
静か過ぎて何かあったのかな?と心配になるほど(笑)
まあとにかく自分の家にリラックスしてずっと居れるのは幸せなこと
この状況がずっと続くのを祈るばかりです

さあ明日からは病院実習が週3回(水~金)へ増えます
前学期まとめて実習を取るコースにしてたので(4回/週)
連続して実習に行くことはそんなに気にしてはいない
ただ「あの悪党K看護師にあたらなければ」です
実習に行くことを考えるとすごく気分的に滅入ってしまうけど
先生、友達、クラスメイトとじっくり話し
「今後ハピはどうするべきか」
考えてみたのでとにかく実行に移すべし!

①この国ではおどおどしていたら本当にどんどん付け込まれてくるので
 とにかく英語の間違いや「悪い噂話」を気にせずどうどうと英語を話す
②K看護師と一緒に働かないように上の人と交渉する
③最近ハピは顔が相当こわばっていたと思うので、とにかく微笑む
 AUSではフレンドリーでいることが大事なので、雑談は苦手だけど
 どんどん話しかけていい関係を作る
④「表面ではいい顔」「裏では噂話し」の環境に「そういうもんだ」と慣れる
⑤担当の看護師さんのちょっとでも素敵なところを褒める
⑥ハピがこだわって行ってきた看護の方法、考え方を相手に期待せず
 「AUS流」になじむよう努力する(プライドを捨てるわけではない)
⑦悪い噂話を聞かないよう「Ear Muff」をつけて実習←友達案(笑)
 いい考えですが、これは最終手段にさせてもらいますね

病院実習もあと15日で終了、カウントダウンが始まりましたよ~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

警察からのお手紙

ずっと前にお友達の家に遊びに行った時
方向音痴で、夜暗かったのもあって、ハピは迷いに迷い
約束時間の1時間後にやっとお友達の家に到着

その時すごく焦っていたので猛スピードで運転していたハピ
皆さんお察しのよう、ハピは「スピードカメラ」に捕まってしまいました
これに捕まると、ピカーッ!!
とものすごい光が一瞬浴びせられるので一目瞭然

とうとう恐れていた「罰金」通知が来てしまいました
そのときスピードメーターを見ると90㎞(制限速度は60㎞)を針がさしていたので
きっと罰金はAUS$300をくだらないだろうとビクビク
で、実際はというと
警察から頂いた通知には「12㎞オーバーでAUS$179」と書かれてました
まあAUS$300ではなかったのですごくホッとしたけれど
それにしても痛い痛~い出費です(泣)

それに光熱、電話料金の支払いもあったので
一気に貧乏…ぐすん
AUSの光熱費の明細書って3ヶ月おきに来るから
1ヵ月にするとたいした金額でなくても、ちょっと割高に感じちゃいます
(水道代は大家が払ってて、家賃に含まれてるので問題なし)
ちなみに支払い額はシェアメイトと半分づつで
ガス代AUS$100.2
電気代AUS$129.8
電話代AUS$53.71(ネットレンタル含む)
といううちわけになっています

これ以上の無駄な出費は痛いので、安全運転を心がけま~す

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幸せなひと時

ハピがたいていの土曜日にきまって出かける場所は
「セントラルマーケット(町の市場)」!!

土曜の1時頃から「え~ありえない!」っていうぐらい
パン、野菜、肉、魚などがかなり安売りになる
たくさん野菜、果物がつまったビニール1袋分や食パン1袋がなんと
「1ドル、2ドル」になっちゃう
これを目当てにたくさんの人、特にアジアの学生達が集まるので
市場は熱気と殺気!?で溢れかえる

ハピは人ごみに酔っちゃうのでそれが苦手
それにその頃には「おいしいパン」とかは無くなっちゃってるし
痛んでいる野菜、果物とかをつかまされる恐れ(経験済み)
があるのでゆ~っくりと買い物できる午前中に行っちゃいます
先週は寝坊して昼からマーケットに行ったので
大好きなパン屋さんの「ベーグル」は売り切れ
いつもおやつに買って帰るスイスの洋菓子店の「エクレア」もなし(泣)

今日は気合を入れて早起きして行ってきました
で、「エクレア」「ベーグル」ゲット~~うれぴ~♪
ストックしているコーヒー豆も無くなりそうなので今回は奮発して
250gAUS$6.5の「Organic Mexico(メキシコ産オーガニック豆)」を買ってみました
前回は「Italian Espresso」AUS$4.7という豆を買ったけど酸味が強くて今一
さらにいつものお肉屋さんに行って前から憧れていた
「French Ham(フランスハム)」AUS$19/㎏(店で一番高いハム)を150g
量を買えば高いけど、ハピ1人分の量だから値段はたいして高くならないの♪
AUSのお肉屋さんでハムを注文すると、ブロックからお客さんの好みの厚さに
ハムをスライスしてくれるので「薄いハム好き」のハピにはもってこい
「Special Kransky?」というでっかいソーセージ3本もついでにゲット
  Img_1821
左手前からハム、左奥ソーセージ、右ベーグル

さっそく帰ってからハムを2枚ほどパクついてみる
脂の乗り、塩加減といい、うまみといい繊細な味で満足♪
そして買った豆をコーヒーミルでゴリゴリ挽き
エスプレッソマシーンでコーヒーを作りエクレアと一緒に頂く
  Img_1820
ん~うっま~~~し・あ・わ・せ♪
コーヒーは、香り、こくと共に今までの中で最高にうまい!大満足であります!

昨日は実習のことでかなり落ち込んでいたけれど
お友達が心配して電話してくれ、しっかりぐちらせてもらい
その後スッキリして「日本酒をひっかけ」ぐっすり眠って
もうすでに元気になって「うっま~」とむしゃむしゃ食べているハピ
単純ですな(笑)

そして今日は初めてAUSで「鯛の切り身」を買ってみました
すっごく色が白くて身がプリプリしておいしそうだったので
欲張って2切れ買ったんだけど、家に帰って実際切り身を見てみると
これがでかいのなんのって!縦13cm×横25cm
どんなでっかい鯛やねん!と切り身の前で1人でつっこんでしまいました
毎日鯛の夕食で1週間食べれそうな量になってしまいました、トホホ…
とりあえず切り身をさらに3等分の切り身にし、塩、胡椒を振って冷蔵庫へ
今日の夕食はとりあえずシンプルにオリーブオイルでソテーして
レモンでも絞って食べてみようかと思います
さあ残りの切り身をどうするか…鯛めし、お吸い物、煮付け、鍋に入れる?
しばらくは料理の本、サイトとにらめっこになりそうです

| | コメント (2) | トラックバック (3)

ワナワナ…許せん!

今日のブログは長いし、ちょっと感情的
読み疲れたら途中でやめてくださいね(笑)

今日は早出の病院自習で、1年生と2年生がハピにつくようになってました
ちょっと緊張、そそうは出来ない、と病棟に早めに行き
せっせと(ちょっぴり張り切り)患者さんの情報収集をする

ところが…
オージーの3年生1人の学生がまたまた「病欠」になったので
違うK看護師について違う患者さんを受け持つはめになった
せっかく一生懸命情報収集したのに~
そのK看護師は、ハピにいつも雑用ばかり頼むし
就職して1年目で要領が悪いし、看護がまことに雑だし
受け持ちの患者さんも重症な人が多いので
はっきりいって一緒に実習したくなかった
でも「代わってね」と言われて断れなかった…それが運のつき

まずハピ受け持ちの患者さんの観察に行き血圧測定などし
夜眠れたかどうかなど会話し、カーテンを開けたりと朝を迎える準備をする
その後患者さんの情報を得ようとカルテを見ていたら
「ちょっとこっち来て手伝ってくれない?」と魔の声
しょうがないので患者さんをリクライニングチェアに移す手伝いをする
そして「すぐもどってくるからついでにこの患者さんのシーツ交換も手伝って」
と部屋からいなくなること10分ちっとも帰ってくる気配はない
もちろんハピ1人できっれ~いにベッドメーキングしましたとも
ベッドメーキング中シーツの中から血糖測定後の器具やストロー
ティッシュの山がどっさり出てくるは出てくるわ
「あの、この患者さん体がパンパンに腫れてて自分で動けないんですけど
こんなものがあったら床ずれや傷が体に出来るんですけど…」
あきれてものが言えない

そうこうしていると、朝食の時間になってしまう
あわてて2人の患者さんの血糖測定を始めたけど
1人はもう朝食を食べ始めていた、そばにはK看護師がいて
「あなた朝食前の血糖測ってないでしょう」という
その患者さんは、誰かが準備しないと食事は出来ないはずなのに
誰か、ってK看護師、あなたしかいないでしょう!みたいな
意地悪にもほどがあります、というかあなた担当ナースなのに責任はないの?
その時点でハピはカチン!!

そのK看護師に「朝の配薬するので見てください」と言うと
「あなたの患者さんの配薬済ませておいたから」という
おいおい、それはハピの学生としての仕事だろう、ずるいよ、みたいな
その後、3人の受け持ちの患者さんのうち比較的動ける軽症の
2人のシャワーの介助、ベッドメーキングをする
「よくやってるわね~」とK看護師は超ご機嫌

そして、ハピ受け持ちの患者さんの経管栄養
(鼻から胃に入れたチューブから栄養を入れること)
を昼から始める時、何やら他のことを頼もうとするので
「OOさんの栄養を始める時間ですけど」というと
「忘れてたわ~」と慌てるし「出来るよね、始めておいて」
「鼻のチューブから流すさゆ用の注射器は部屋にあるから」と言う
おいおい、ハピは学生なのに何考えてるのか?と思いながら
「一緒に確認してもらったほうがいいと思います」
と言うと「後で確認するから」といいはる、そばにいる誰も文句をいわないので
前に一度AUSでしたことがあったのでしぶしぶハピ1人で開始しました
しかも部屋に行くと、水が入った注射器が1本棚に転がっているだけ
「汚いじゃないか~消毒液にも浸かってないし細菌が繁殖してるよ」
うわっちゃ~こんなんでいいのか、と絶望感に浸る

新しい注射器を探し、さあ準備が出来たぞ、とメジャーで
鼻から出ているチューブの長さを測り、正しいか確認しようとするが
看護記録、カルテどこにも今まで(1週間)長さを計った記載はない
K看護師に聞くと「今までこんな患者さん持ったことないから知らない」と
他の看護師も同様らしい。どうりで皆黙ってたわけだ…
慌ててマニュアルを出し確認している
勘弁してくれよ~それは基本的看護技術だろう
けっきょくハピの指摘の通りきちんと毎勤務と栄養を開始する時は
長さを確認するようになった
その間なんとK看護師はろくにハピの受け持ちの患者さんの部屋に
行って話しもしてないのに、ハピの分の看護記録も全て書いていた

そして次から次へと起こる事件…
栄養のバックが空っぽになったので新しいバッグと変えたいことを伝える
バッグを開けてチューブを接続しようとするけど、なかなか接続できない
K看護師はイライラして最終的に患者さんのチューブが引っ張られないようにと
途中で止めてあった「安全ピン」を取り出し、接続部を
ほじほじ…ほじほじし始めたあああ~~~ウギャー!!やめてくれ~
ハピの方を向いて「し~っ」ってジェスチャー。黙っておいてという
怒りがふつふつとこみ上げて頭からそれこそ蒸気が出そうでした

まだまだあります
ハピが患者さんと楽しく話している時に
「患者さんの体重測ってね、っていったでしょ」って
体重測定が出来るコマつき椅子を持ってくる
「患者さんはさっき椅子に移ったばかりでしんどいからもう少し後がいいと思います」
というと「今計ってね」とハピをほったらかしにしてさっといなくなる
「ハピだけでは患者さんにとって危険なので助けがいります」というと
「今忙しいから誰か他の看護師か生徒でも呼んで」という
皆忙しそうだし「患者さんを動かす」というととたんに皆嫌な顔になる
しょうがないので学生を呼び、体重測定をする
患者さんはとても不安で不安でしょうがない顔で、しかも学生2人でも
かなり動かすのは難しかったし患者さんも転びやしないかと必死の形相
心配させた患者さんに申し訳なくて申し訳なくて本当につらかった
やっとの思いで体重測定をしてカルテに記載
後でK看護師の看護記録を読むと「体重測定時3人の助けが必要」と書いている
このやろ~誰がハピ1人でやらそうとしたんやねん!

椅子に移った患者さんがしんどいというので少し椅子の背もたれを
倒したいのだけど手伝ってもらえないか聞くと信じられない言葉が…
「彼女(患者さん)はつねに文句ばっかり言ってるんだから…
まったく、放っておいたらいいのよ」ハピ絶句…

もうハピは精神的にも身体的にもくたくたになってきていて
すっかり14時にある薬があるのをK看護師に言うのを忘れていたら
「抗生剤の注射したの?ちゃんと言って来てくれないと困るでしょ」って言われる
すっかり忘れていたのは悪かったけど、学生に全て任せるの?
ハピはあくまでも学生です。K看護師も一緒に確認するのが当たり前でしょう!
ハピのこの考え方AUSではおかしいですか?

オージーの看護師は「乏しい英語」は医療事故の原因で危険だとか
「乏しい英語で就職するなんてとんでもない」といいますが
いくらオージーで英語がもちろんペラペラしゃべれても
「内容のない会話、乏しい知識、看護技術、看護ケア」はかなり危険です!!
と声を大にして言いたいと思います

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家はひとまずおあずけ

昨日ハピが新しい家に、と目をつけていた
3件の物件を見に行って来ました

☆1件目☆
前の住人は5年間住んでたけど「老人ホーム」に行くことになったので
家を出て行くことになったらしい、かわいそうに…
ユニットは小学校の近くになるけど音の面では何の問題もないし
住んでる人は比較的老人が多く静かだといっていた(笑)
家の立地はなかなかよくて大学にもハピが今住んでるリゾート地にも近い
しかもユニットは一番前で道に面していて明るい
家の中は広いけどそこまで大きくなくていい。小さな庭もある
ただ、内装はちょっと古びた感じがある。お風呂が派手なピンク!
斜め前に学校のグラウンドがあって夜行くと照明がかなり眩しかった
でも道が明るく、それがけっこう安心できたりして…
 House

☆2件目☆
超モダンで美しい。だけど両端に家がくっついてて気が休めそうにない
しかも敷地内の8件のうち、4件ずつ3~4mの間隔で向かいあわせに
なっていてリビングやベッドルームから前の家が丸見え
比較的若い人が住んだり、田舎からきた人がしばらく滞在する家
にもなっているらしい。超きれいだけどうるさそうなのでパス
(写真なし)

☆3件目☆
たくさんの人が見に来ててびっくり
比較的きれいな大きな1件屋、広い芝の裏庭が素敵
でも、芝刈りしなきゃいけないし、家が広すぎて手入れが大変そう
床が木で寒そうで、家の中が比較的暗い
家の前に桜の木があってちょっと素敵♪と思ったけど
お友達の「毛虫が来るよ~」の一言で却下(笑)
 House_2

すごく1件目が気に入って今日の朝すぐ申し込もうと思ったけれど
昨日の夜衝撃な事実を知って見合わせることにしたハピ
それは前から言っているように
「ハピ達英語が第二言語の看護師の乏しい英語の問題で就職が非常に
厳しい状況になってきてる」ということに加えてAUSのシステムが変わって
「たとえ就職出来ても、途中解雇される可能性が高くなってきた」こと
一旦解雇された人が果たして別の病院で雇ってもらえるのだろうか?
きっとかなり厳しいに違いない

今まで、ハピ達経験のある看護師は就職に有利だったし
ほとんど皆就職をゲットしていた。病棟に空きがたくさんありそう
といううわさも聞き、就職は簡単だろうとかなり信じていたハピ
途中解雇なんて考えたこともなかった
どうやらここらで考え方を変えなければならないようです

これではうかれて家を探している場合ではない
就職できないと家賃が払えないし、希望の大学院にも入れないのだから
うるさいアパートに耐え忍び、とにかくしばらく実習で英語を磨き
まわりの様子をみながら就職活動を開始するしか手はなさそうです
先行きはかなり厳しいがここまで来て諦めるわけにはいかない
とりあえずハピが就職出来るよう祈っててくださいね~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

看護学最後の授業

今日で「看護学」の授業(workshopとturorial)が終わりました
この授業に参加するためには、それぞれのトピックに関する
医療英語をひたすら覚えないと先生の言ってることが
チンプンカンプンだしグループワークで発言も出来なかったので
膨大な予習が必要でした
もう予習で時間を費やさなくていい、その分課題に時間を費やせる
と思うとうれしいけど、この授業で学んだことはすっごく大きいので
ちょっぴり寂しい感じも…

授業の後、先生に今の学期でハピのコースが終わることを伝え
先生の授業をすごく楽しんだことを伝える
そしてどうやって先生はそんなに深い知識を身につけたのか聞いてみる
どうやら先生は大学の看護科を卒業後
12年間、AUSやイギリスで看護師として働いていていたらしい
全くその間大学院などに行ったりということはなかったそう
現在フリンダース大学でPHD(博士号)のコースを専攻していて
その一環として学生指導も行っているということです

ハピがこれを聞いて思ったことは
「大学院でわざわざ学ばなくても、自分で学べば知識はどんどん
深めれるんだ、それに長い間病院で働いてたからこそリアルで
具体的な例題を話して、生徒を惹きつけることが出来るんだ」ってこと

ハピがいた病院では学歴主義みたいなところがあって
「どんなに自分で勉強して知識を得ても、どんなにすばらしい看護をしても
後輩はわかってくれるけど、ほとんどの上司はそれを認めようとしない」
感じがあった(ハピの卑屈な考えも入ってると思う(笑))
看護専門学校を出ているハピはどこかに「学歴」でのひけめがあった
「ハピの看護にプライドを持っていた」からこそ、よけいくやしかった
きっとこれも少なからず今回留学のきっかけになったと思う

でも、オーストラリアに来てちょっと考え方が変わってきている
そんなに学歴にこだわらなくていいんだな、って
こっちでは社会経験(仕事など)を充分してから大学院に進んだり
違う科の大学の学位を再び大学で取る、っていう人が圧倒的に多い
そういう人達って、知識と経験を結びつけて学んでいくから
すっごく深く学べてるように思うし、その学びが実際に現場で
(社会であったり職場であったり)生かされているように思う
日本では大学の社会人入学や大学院への枠が極端に少ない
そしてそれはすごくもったいないことだと思ってしまう

あと、こっちの人って学歴を聞いてこず、経験を聞いてくることが多い
「00年日本の病院で働いていました」というと
たいていの人は「お~っ!」と驚き尊敬のまなざしとなる
「経験してなんぼ」のお国柄のようです(笑)

日本では最近「知識を!!看護に根拠を!」と
強調しすぎているように思うのはハピだけでしょうか?
確かに知識は大事だけど、何か大事なことを見過ごしてるように思います
先生の話しを引用すると
「いくら子育てがうまく出来る方法を書いた本を読んでも、その通りにならない
ことが多い、いろいろな経験からうまくいく方法を自分で見出すことのほうが多い」
それと同じように看護も、どんなに知識があっても看護がうまく出来るわけではない
それは長年の経験から来る自分で見出した、知識に裏付けれない方法で
あったりすることが多い」とハピは思うのです

最近「学歴」にはそこまでこだわらなくなり、留学の一番の目的だった
「純粋に知識を深めたい、勉強を楽しみたい」という気持ちになってます

そうそう今日で大学内での看護実習も終わるし
どうしても「Sim Man(シム・マン)」の写真が欲しかったので
http://otoboke-nurse.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/sim_man_4f29.html
写真を撮ってもよいか先生に聞いてみました
「私の一存では決めれないから実習担当の責任者に聞いてみて」
とその担当者のオフィスに行って事情を話す
担当者がさらに上の責任者に電話で確認をとる
(携帯電話のカメラで写真を撮るだけなのに大げさになっちゃいました)
そばで返事を待っていると何やら電話で話していることが聞こえてくる
担当者:「そうよね、いい宣伝になるわね」と上司に言っていた(笑)
無事写真の許可が出て責任者の監視の下で写真撮影
で、こちらが「Sim Man」がいる部屋になっております
 Simmanflinders
どうです?なんとなく部屋の様子がわかりましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい家はどこ?

ずっと前からしつこいように
「ハピの住んでるアパートはうるさいっ!!」
とブログに書いていましたが
このアパートの契約もとうとう8月までとなりました!ヤッホー!
やっとこのアパートから「逃亡出来る」と思うと顔がにやけてにやけて(笑)

なのでさっそく新しい家を探し始めました
仕事探しはどうなってるの?と突っ込まれそうですが
多くの人が「大学終了間じかになって就職活動を開始したよ」
とおっしゃるので「まっ、極端に急がなくていいか」ってのんびりしてます

先に急がなくちゃいけないのはなんといっても「家」探し!
なんせ新しい家が決まらなかったら今のアパートにあと1年!契約を更新して
住まなくちゃいけなくなるから何が何でも新しい家を見つけなきゃいけない
もう、1つの建物に何軒も部屋があったり、下の階の物音が聞こえる
大きなアパートはこりごりです…
そうなると、1件屋もしくは1件屋がつながっているだけのユニットに
限られてくるけど、空きがなかなか出ないし、かなり競争率が激しい
それに英語がペラペラでないアジア人学生にすぐ家を貸すとは思えず
前回もかなり家探しに苦労したことを考えると
さっさと新しい家を探し始めたほうが無難

ということで2、3日前からネットでレンタル出来る家を確認し
AUS不動産情報→http://www.domain.com.au/?mode=rent
何軒もの不動産屋を周り、家の空きがないか不動産屋にある広告で確認し
昨日、今日と実際に家がある場所まで行って家の周りの環境を確認してきました
見に行った家の数10件、地図はあったけど、何度も迷子になって疲れたわ~
そして、ハピが気に入った家を担当しているいくつかの不動産屋さんに行って
家の中を実際に見れる日を確認したところ
3軒の「Open inspection」が明日あることを聞きつける

このOpen inspectionの日には、その家の大家、もしくは委託された管理者
(多くは不動産屋関連)がその家に来て、家を見に来た人の質問に答えます
だいたい週末や夕方の限られた時間15分程度しか家が見れなくて
その間その家に興味ある人がどっと押し寄せてくるのです
大家さんなどに気に入られると「その日に家の契約が決まる」
ということも多いのでこのOpen inspection の日は本当に大事なんです

明日あるなんてなんてラッキーとしかいいようがありません!
この勢いで家をなんとかゲットしたいものです
皆さんハピが「静かで素敵な家」をゲット出来るよう祈っててくださいね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

働くより勉強!?

昨日の夜、今日の「Critical thinking(批判的思考)」の授業にそなえて 
せっせとテキストを読んだのだけど、これがハピにとってかなり面白かった!
むさぼるように読みましたよ

テキスト-Critical thinking applied to nursing
著者-Mary A. Miller & Dorothy E. Babcock
出版年-1996年
出版元-Mosby

この本現在は出版されていなくて、書店で手に入ることはないのですが
とてもいいテキストだということで先生がコピーして
ハピ達生徒は「ただ」で頂きました♪ラッキ~
出版された年が古いけど「Critical thinking」の考え方に
ここ10年ほど大きな変化はないし、本当にこのテキストはいいので
参考文献に使っても何の問題もないらしい

テキストの内容はChapter9「Evaluating Arguments」
-自分や相手の主張が適切かどうか-
ということをどうやって評価するかするかということに焦点を置かれています
初歩的な評価するための基本的要素は「相手の意見をしっかり聞くこと」
「相手が何を訴えたいのか、を深く理解すること」ということです
そしてその後、いろいろな方法で相手の主張は妥当か批評していくのです
その際2つの主の方法論があるのですか、それらは
「The criterial approach」
-一定の基準にそって評価する方法
「The fallacies approach」
-誤った考え方をしていないか、に焦点をあてて評価する方法

これらメインの2つの方法論の中にたくさんの個別な方法が含まれてます
これがすごくおもしろいんですね~
これらすべての個別的な方法をブログに書いていたら朝までかかりそうだし
英語→日本語に訳すのは、批判的思考に関して使われる日本語表現
がいまいちわからないから難しい、ということでここまで
興味のある方は「Critical thinking」の本を読んでみてくださいな
先生がたいていの本の内容は同じだと言ってました

すっごくこの教科が楽しいので、ハピの今のコースが終わってから
引き続きこういった授業をうけることは可能か先生に聞いてみたところ
「Critical thinking は Philosophy(哲学)のコースの中にあって
課題とか関係なしに、授業に参加できるコースがあるはず
授業料もその分安くなると思う、調べてみてごらん?」って
さっそくFlindersのwebサイトで調べてみたけど、そのコースが
見つからず、とりあえずPhilosophyの教授にメールをする予定

ん~最近思うのは「働くよりひたすら勉強しておきたい」ってこと
「勉強だけに集中できた時、勉強がすっごく楽しくてたまらない」
「課題提出が迫って、実習も並行してすることを考えると、勉強の楽しさが半減」
でもAUSで少しの間勉強するためには金銭的にも経験的にも
看護師としての「仕事」をAUSでゲットしておくほうがいいので、しょうがない
永住権ゲット!そして大学の授業料カット!を目標に仕事ゲット頑張りま~す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆いっぱい

今日は母の日でしたね~
朝、食料品が底をついてきたので、近くのスーパーへ
スーパーへの行き帰り、車から「花束」を抱えてる人をたくさん見て
「お母さんに会いたいな」とちょっぴり日本が恋しくなったハピでした
皆が持ってる花束がすごくきれいだったので、刺激されて
スーパーの近くのハピの好きなお花屋さんに行ってみました
http://otoboke-nurse.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_75ca.html
そしてポットに入っている小さなお花をお買い上げ
2ヶ月ぐらいは楽しめるそうです♪

スーパーで、寒くなってきたから暖かい物食べたいなあ
とうろうろしてると、いろんな豆でうめつくされている棚の一角を発見
ハピは、お豆さん大好き♪特に「ひよこ豆!」ほくほくしてとってもおいしい
サラダ、スープ、カレーに、じゃんじゃん投入しちゃいます
カレーというとレンズ豆と牛ひき肉!ざらざらした食感がたまらない♪
そら豆、グリンピースはどんな料理にも使えて便利だから常に冷凍庫にストック
金時豆はメキシカンに、小豆はあんこを作ったり赤飯に

ルンルンして棚をなめるように見ていたら
いろんな豆がミックスしてある袋を発見!
「Italian style soup mix」と書いてある
その中にはハピがまだ挑戦したことのない
虎豆、大福豆、うずら豆(全ていんげん豆の種類です)が入っている
いろんな豆が楽しめる感じが気に入ってお買い上げ♪
カレーもいいけど、まずはスープにしてみようとこれらも一緒に購入
「ベジタブルコンソメ」と「ホールトマト」です
V8010011  V8010012 V8010013
両方ともここのメーカーがおいしい
他のメーカーの製品が安くなってても浮気はしません!
特にベジコンソメはかなりおいしい。カレー(カレールー使わないやつね)
やミートソース、もちろんスープ、お肉などにかけるソース、メキシカン
ピラフのスープストック、コロッケに混ぜたりなど、かなりいろいろ使えます
お勧めですよ~

今日もせっせと図書館で勉強をしておりますが
次の課題は「先生から与えられた1つの文献を批評する」というもの
お題は「Euthanasia(安楽死)」文献の著者は「賛成派」です
困ったことに、最近の動向として「賛成派」が圧倒的に多いし
反対派の意見が賛成派に比べてとても弱いので
「説得力のある反対派」の文献を見つけるのにひと苦労しております
ちょっとリサーチと文献を読むのに疲れてきたのでブログに逃避
そしてこれからネットサーフです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一難去ってまた一難

ハピの実習担当の大学の先生は今病気で休み
やっと代わりの先生が昨日やって来ました
「どう?日本と比べて」って言われて
「AUSの看護師が持つ患者さんの人数が少ないし、患者さんが重症でない分
看護師はしっかりと患者さんに関われていいと思います。日本では夜勤1人の
看護師が20人も重軽症の患者さんを持ってるからすごく忙しい」と言うと
「あら~それじゃあ2、3人の受け持ちじゃあ今退屈なんじゃない?」
って言われて「まったくそのとおりです!」と言いたい所をぐっと我慢(笑)
「AUSのやり方に慣れるのが今はせいいっぱいです」と言っておきました

ちょっとした会話をした後、すっごくうれしいことを聞く
「私忙しいから来週の患者さんの事例発表会はやめにするわ」
え?それ本当?本当に?やったああああ~!!!
今週末は事例発表の準備にすべて費やさなければ、と思ってたので
それが無くなって、他の課題に費やせると思うと超うれしい
は~うれしすぎるわ~♪

ニヤニヤしながら病院にある来週のハピの実習予定表を見てたら
むむむ???うっひょ~!
「オージーの2年生がハピにくっついてる!」
ありえん!!ありえ~~~~ん!
今までハピにくっついてた2年生は香港から来た子
ゆっくりきれいな英語をしゃべるので質問してきても聞きやすい
困ったことにハピは「オージーの若者」がしゃべってる英語は苦手
質問内容がわかればなんとか質問にも答えれるけど
聞けないとどうにもなんないじゃ~ん!
こりゃ忙しいふりして逃げまくるか?そんなこと出来ないよ~!
ハア、気が重いったらありゃしない…

昨日の実習も引き続き「おしゃべりおばあちゃん」を受け持ってしまい
さんざん振り回されてしまいました、ほんと毎回実習は疲れるわ
しかもハピの担当看護師さんが好意で、全てのことを一緒にしようとするので
けっきょく5人全員の患者さんのお世話をせっせとすることに
挙句の果てには「私明日早出なのよ、この患者さんの看護記録も書いてみない?」
早く帰りたいからって受け持ちでない患者さんの看護記録まで書くはめに
「患者さんの情報収集も充分してないのにどうやって書けというねん!」
とムカッとしながらカルテを一から見直し、患者さんの部屋に行ってちょっと話し
その情報から看護記録をせっせと書く
記録をチェックしてもらうと「あら~うまいこと書けるわね~」って
そりゃそ~よ、00年も日本で看護師してきたんだから書けますとも!
と言いたい所をぐっとがまん(笑)
最近ハピ攻撃的な人格に変わってきてるような気がします、やばい

そうそう、こっちの看護記録って本当に簡単なんですよ
日本ではそれぞれの患者さんの看護計画にそって、計画が妥当であるかどうか
を記録に書いたり評価をするのでけっこう時間を費やすことが多かったように思う
(夜勤は変化なければ書かかなくってよかった)

例えば今実習に行っている病院だと
(内容はハピが書いた看護記録一部抜粋で、日本語訳は微妙に所々変かも…)
e.x ①
Pt was in pain @1845 and had 1g panadol with little effect and
had 10mg endone @ 2005 with good effect. No exudate on surgical site.
BSL 7.0 @ 1715. Pt is tolerating ward diet & fluids. BNO for 5 days and
coloxyl & senna given. Pt wa SOOB this afternoon and walked outside of room.

患者さんから痛みの訴えがあったので18時45分に1gのパナドール(鎮痛剤)
を飲んでもらう。あまり効果が無かったので20時05分に10mgのエンドーン
(麻薬性鎮痛剤)を飲んでもらい、痛みは治まった。手術創からの浸出液はなし
17時15分の患者さんの血糖は7.0. 患者さんは病院食をきちんと食べている
患者さんは5日間便秘なのでコロキシールとセンナ(下剤)を飲んだ。
午後患者さんはベッドから起き上がって椅子に座って過ごし、部屋の外を
歩いたりしていた
e.x ②
Pt did not have chest pain this afternoon. Pt has SOB when walking with frame
and talking for a long time. Pt has 2 pitting oedema on ankles. Pt has voided well.
BP 132/70 P62 SAT 100% on 4ℓ N/specs and 02 is reduced down to 2ℓ.
Pt prefer to take shower each the other day as Pt does at home.
Due for shower tomorrow.

午後からの患者さんの胸痛なし。患者さんはフレーム(歩行器のようなもの)
で歩いている時や長く話している時息が弾む感じがある。足首に浮腫があって
押すと2cmの圧痕が残る。排尿状態はよい。血圧132/70 脈 62
4ℓ鼻腔カニューレ下の酸素
飽和度が100%だったので酸素を2ℓまで下げる。
患者さんは入院前隔日でシャワーを浴びていたのでシャワーは明日でよいと言う

ざっとこんな感じでしょうか?

さっ、これから昼ごはんを食べて、大学の図書館に行かなくっちゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱出できない

昨日は遅出の病院実習だったので朝ゆっくり眠れて
かなり疲れも回復してきました、頭もシャキッ、と♪

自習では3人患者さんを持ってみました
狭心症発作を起こした患者さんがいたけど余裕の対処
他の患者さんも比較的軽症だったので(あることを除いては)余裕.余裕♪
またもや2年生が「金魚のふん(ごめんなさい2年生)」のように
ひたすらハピにくっついてきたので、ひたすら教えないといけなかった
聞かれててもわからない時は答えを見つけないと2年生に申し訳ないので
ハピと同じ3年生に聞いたり、受け持ちの看護師に聞いたりしてたら
実習終わる頃には超ヘトヘト…
なんせほぼ8時間ずっと英語、医療英語をしゃべりっぱなしですから
でも裏を返せば「英語の勉強になる」
2年生の質問によって「ハピが分からなかったことが分かる」
そして「分からないことが理解できる」
っていうメリットがあるので感謝もしなくちゃね~

ハピをヘロヘロにした原因は他にも!
1人の患者さんは「心房細動(不整脈の一種)のコントロール」で入院
もともと脳梗塞の既往があって右の手足の力が弱い
日中は旦那さんがついてて、トイレの介助とかしてくれてる
実習の初め、挨拶や血圧測定に行った時
「おばあちゃんおしゃべりね~」って思ってたけど
旦那が帰ったとたん「ナースコール」が鳴る
部屋に行くと「あんた夜中も来てくれるんよね」って言われ
10時30分に帰ることを伝えると、それからおばあちゃんの
ハピ引止め作戦が始まった!
ハピは他の患者さんの薬を配ったり、狭心症発作があった患者さんの
所に行きたかったのに
ひたすら話し、部屋から出ようとするとあれこれ用事を頼み
何も用事が無くなると、Wait a minute (ちょっと待って)って何度も言い
今までの身の上話、最終的にはTVを一緒に見よう、と言う
夜になって、旦那さんもいなくなって、体は不自由だしすごく心細い
おばあちゃんの気持ちはすごくわかったけど充分会話、お世話したし
ハピにも他の仕事が…
かれこれ1時間以上その部屋から出られず苦労しました

帰りぎは担当だった看護師さんにお礼をいい
実習中ハピはどんな所にもっと注意するべきか尋ねると
「ん~今のとこ見つからないわ、よくやってる」
「ただ、患者さんの部屋にあんまり長居しないことね」
ってニッコリされてしまいました(笑)
ついつい話を聞いちゃうし、うまい英語の表現を使って話を終わらせられないから
おしゃべりの患者さんの部屋からの脱出はなかなか難しい 
ん~これが今後のハピへの課題となりそうです、トホホ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館に避難

以前もブログに書いたようにハピが住んでるアパートは
けっこううるさい!!常に何かしら音がしてます
話し声やT.Vの音だったり、大音量の音楽だったり
家を修理する音だったり、戸がバタンバタンと閉まる音だったりいろいろ
大学の課題が集中して出来ないったらありゃしない(泣)
なので最近は大学の図書館に避難しております

大学の図書館は祝日、大学休暇中以外は平日は夜9時まで
金曜日は6時、週末は11時~6時まで開いてるのですごく助かります
静かでかなり集中して勉強出来るので、アパートに帰っても
さほど「キーッ勉強出来ない!」というストレスを感じなくなりました♪
でも下の階の住人が毎日夜11時からT.Vをつけ、大声で笑い始めるのだけは
今だ我慢できません!寝入りをくじかれるのはつらいものです(泣)
とりあえずアパートの契約が切れるのが8月なのでそれまでのしんぼう
新しい家のことを考えると今からうきうきします♪

ただ困るのは夕食を9時頃(図書館から帰ってきて)食べるようになって
どんどんお腹周りが大きくなってること、もちろん体重も増加気味
かなりやばい…どうにかしなくちゃね~

そうそう「看護学の授業」の課題が返ってきました
先生のコメントには
「good introduction, good, excellent, sound interesting, logical」
(良い序文、良い、素晴らしい、興味深い、理論的)
とお褒めの言葉があちこちあってすごく期待したにも関わらず
点数にはそれほど反映されてなくて「ガクッ」ぬか喜びでした
どうやらうわさによると全体的に先生の採点がかなり厳しかったらしく
頑張ったオージーでもよい点数がとれなくて落ち込んでるらしい
ハピのコースのクラスメイト1人は「Distinction」をゲット
質問1つ700文字の答えに対して参考文献の数なんと10以上!
大学の休暇中この課題に全力投球したらしい、素晴らしい!

課題が返ってきた時は評価にちょっと落ち込んでしまったけど
「ハピの担当の先生は採点に一番厳しいらしい」と友達から聞き
ハピは4~7しか文献使ってなかったし
いい評価をもらったクラスメイトと同じぐらい充分時間をかけてないから
まあ「Credit」でもしょうがないか~って気分にやっとなってきました
(評価はいい順にHigh distinction, Distinction, Credit, Pass, Failとなってます)
いろんな課題、実習をこなしつつ、よい点数を取るのは至難の技(泣)
結果は納得のいくものではなかったけど、課題から学ぶことはすごく大きい
だから評価を気にしすぎるのはおかしいけどハピなりに頑張った分
認めてほしい、見返りがほしい、と思っちゃう
それにいい評価をとると気分がいいしね
とりあえず前向きに残り2つの課題に取り組みたいと思います

さて明日から2日は病院実習、両方とも遅出実習だからちょと気分が楽♪
さあ久しぶりにゆっくり昼まで(って寝すぎ?)眠るぞおお~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

25%offの誘惑

今日朝「看護師のための英語」の授業に出てきましたが
先生から小言を頂いてしまいました
どうやら実習先の病院からクレームが大学に来たらしい
原因はハピたちのコースにいる生徒の「乏しい」英語の問題
(ハピ達の大学のコースはもともと海外で看護師の経験がある人が入れて
1年で大学を卒業出来て、AUSで看護師として働く資格が取れるコース)

ん~最近この問題がどこでも持ちきりなようで辛いところです
看護師は命を預かる仕事なので「しゃべれません」じゃ済まないのは承知
でも、大学や大学付属の学校はある程度大学に入るための
基準を作ってて、それにパスできた人がハピ達のコースに入ってるんだから
今更英語が…ってハピ達側ばかり責められてもちょっと納得できない所がある
この先ハピ達のコースの生徒への風当たりがさらに厳しくなりそうです

風当たりが…というと
こちらはずいぶん寒くなってきました(なんのこっちゃ)
明日の気温はMin11Max19と最高気温が20度を切ってきましたよ~
さすがのオージーもタンクトップで町を歩く人はほんの一握り(笑)
寒くなってきたので日本でゲット出来なかったブーツが欲しいな、と
授業の後デパートをうろうろ
パッと目に留まったのは皮がやわらかそうなちょっとこじゃれたブーツ
さっそく試着してみると「ピッタリ☆」でも「値段高いのよね」と思いながら
鏡の前でくるくる回って角度を変えてブーツを見ていたら
通りすがりの3人のオージーに次から次と「すごくそれいいわ」ってニッコリされる
さらに店員に「今週の土曜日まで全品25%offよ」と止めをさされ
「買うしかないじゃ~ん」と、ハイ、即お買い上げしました♪
   Boot
後ろにベルトとバックルがついてなかなか素敵
これで寒い冬、ハピ達生徒への寒い目に耐えながら(笑)
大学卒業、就職までもうひと頑張りできそうです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

就職活動しなきゃ

ハピは大学終わってからAUSでの就職活動をしたらいいのかな~?
ってのんびりして、就職活動のこと何にも考えてなかったのだけど
「私達はオージーより仕事をゲットするの難しいから早く就職活動しないとだめよ
早く推薦状を書いてもらって、とにかくあちこちの病院に履歴書送らなきゃ」
ってクラスメイトに先週言われて、えっ!?もう?って驚いたハピ
だって大学卒業までまだ2ヵ月近くあったから…

こっちでもう働いているお友達に尋ねると
「就職が早く決まっても、ビジネスビザが取得出来るまで時間がかかる
学生ビザの期限が切れるのも早いから早く就職活動したほうがいいよ」
って言われてアセアセ

ハピの英語で就職出来るかな~って不安になっていたら
「けっこう皆いろんな病院からオファーが来てるし、就職出来てる
自信を持って、インタビューでいかに自分を売り込むかが大事なのよ!」
って言われてちょっとびびるハピ(小心者なんで)
でもお友達に「大丈夫!就職できる!」って励まされていると
だんだん「ハピが就職出来ないわけないじゃん」って強気になってきた
(ありがとよ~お友達)

5月6日に就職説明会がCityの大きな会場であると聞き
昨日お友達と朝から張り切って行ってきました
会場にはいくつかのアデレードの大きな病院、他の州の病院
看護師の派遣会社の方たちが生徒を勧誘しに来てました
AUSの生徒もインターナショナルの生徒もたくさん押し寄せてて
もちろんFlindersの2、3年生もたくさんいてビックリしましたよ
2月に3年生になった生徒はどうやら10月ぐらいから就職活動するらしい
皆必死の様子が伝わってきてまたもや就職出来るか心細くなったハピ

いくつかのPublic Hospital(州立病院)に
「今フリンダース大学の看護学生で、今年7月に卒業するので仕事を探しています
以前日本ではCCUで働いていたので、心臓専門の病棟に就職したいです」
とアプローチしてみた所

①Flinders Medical Center
(ハピが通ってるFlinders大学の系列でハピが行きたい病院)
「ICU(CCUみたいなところ)に空きがあるかどうかは私はわからないけど
就職したいんだったらここにあなたの書類を送ってみて」と名刺を頂きました
けっこう反応がよかったのでひとまずホッ…

②The Queen Elizabeth Hospital
「英語に全く問題はない?今あなたのような以前違う国で看護師で、6ヶ月、1年の
コースで来る人のまずい英語がすごく問題になってるの。だからもし8月に就職
することになったら必ずGNPのコースを取ってもらうようになるわ」って言われる
GNPっていうのは「General Nursing Practice」の略で、就職したら
3ヶ月くらいの期間でいろんな病棟を経験するという教育システム
で、1年後自分に合うと思われる病棟に就職希望出せるというもの
AUSの大学の看護科を卒業した人はほとんどこのコースに入るらしい
このシステムまるっきりの新人にはいいシステムだと思うけど
ハピは「心臓に関連のある所で働きたい」という切なる希望があるから
ちょっとここの病院は遠慮したい
受け答えもかなり「しゃべれない人はおことわり!」みたいなオーラを
かもし出しててすごく感じ悪かった、負けじと
「働き初めてから英語がさらに上達する自信があります!!」
と一応対抗しておきました、ハハハ
この件でまたもや「本当に就職出来るかな~」って自信喪失気味に

③Royal Adelaide Hospital
いきなり「たくさん病棟に空きがあるわよ」とニッコリと言われる
ハピが前回実習してえらい目にあった病院だし、たくさん空きがあるというのも
「看護師がたくさん辞めていく」というように聞こえてなんだか怖い…
とりあえずCCU、心臓病棟には少し空きがある、ということだし
就職が決まらないことにはどうにもならないのでここも視野に入れることとする

他にも州立の病院はあるけど勧誘に来てなかったので情報がなし
とりあえず4~5病院にだめもとで申し込んでみることとする

とにかく早めに推薦状を書いてもらう人を探すこと
(多分前学期の病院実習で担当だった先生と、今の病棟で
ハピにいっつも付いてくれてる看護師さんにお願いする予定)
あと、履歴書など、提出する書類を作成しないといけないようです

さてどうなるハピのAUSでの就職、先はまだまだ長い

| | コメント (8) | トラックバック (2)

寝坊しちゃった

昨日の夜すごく頭が冴えてきたのでせっせと論文をタイプしていたら
朝目覚ましを止めて寝てしまっていたのだあああああ~
気づいたのは朝6時45分、ちょうど病院で申し送りが始まる時間です
うおおお~ん!ハピ真っ青!すっごくすっごく悩んだ末
最近ものすご~く疲れているのに眠れないという状態で常に体がだるい
これで無理して実習言ったら「鬱」になるわい!と開き直って
「Sick leave (病欠)」の電話を病棟にかけちゃいました
「明日もよろしくお願いします」って言ってた2年生ゴメンよ~
(って寝坊で休むのはこれが初めてですから)

本当に体がしんどいので今日は家に閉じこもってしっかり寝て
明日General practitioner(GP)開業医に行って診断書をもらう予定
診断書を提出しないと実習指導者さんのお怒りを頂戴しそうなので(笑)
「頭痛、不眠」とでも理由を書いてもらおうっと

ハピが眠くても眠れない理由は
①うるさいアパート事情、両隣の住人が変わって最近ずっと静かだったのに
最近片方の比較的若者が住んでいる隣から大音量の音楽が流れてくる
きっとこのアパート呪われてますな
引越ししたいけど、実習まっさかりで、課題も次から次へと忙しいから無理
就職も決まってない段階で新しい家の1年の契約を新たに結ぶのはきつい
②大学の予習と課題に追われまくっててゆっくり休む暇がない
休みの時も「課題」のことが頭から離れなくて精神的につらい
(出来ないくせに、完璧主義なところがあるから困ったもんだ)
③実習の早出の時、「寝坊」のことが気になって3、4回朝まで目が覚める
(ってさっそく寝坊しちゃったけどね)
④ちっこいアパートにシェアメイトと住んでるから(しょうがないけど)
なんだか1人の時間がすくないし、疲れてるからよけい音が気になって
気がちっとも休まらない

あと2ヵ月で大学も卒業なんだけど、ここにきてものすごくキツイ
2ヵ月間、試練の日々を過ごすことになりそうです
とりあえずWeek11(5月20日からの週)から実習が週に2→3日に増えるけど
看護学の授業が終わって、予習に費やす時間が減るから少しは楽に
なるかな、と期待♪
ん~でもまだ「看護研究」の課題3000文字と「批判的思考」の課題2000文字の論文
2回の患者さんの事例発表が残ってるからやっぱり気は抜けないなあ、トホホ…

ってブログ書いてたら窓の外に人が(午後3時)!!ウヒョ~ここ3階ですけど!
どうやらアパート中の窓の外の掃除をしているようで「目が合って」
あらら…
ハピの部屋、ベッド、机、床の上は論文に使った資料で埋め尽くされてるし
ハピはパジャマでスッピン眼鏡、目は充分寝てないので充血、髪はボサボサ
さぞかしお兄さん怖かったでしょうに…
まあ驚いての転落は無かったのでとりあえず良しとしましょう

とりあえず苦労してた論文も1つ提出して終わったし
今日はひたすら寝るのじゃあああああああ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Patience is a virtue (我慢は美徳)

今日の病院実習は朝6時45分からの早出でした
連日金曜提出の課題、大学の授業の予習を遅くまでしてたので
朝、目覚ましで目覚めても、体がだるくて布団から出れない
ぐずぐずしていたら、病院到着が申し送り寸前の時間になってしまいました
は~焦った!焦った!
朝ボーッとしていたせいか、傘をバックに入れたつもりがなぜか
「インスタントラーメン」の袋が代わりに入ってて昼休憩のときびっくり
なにやってんだかね~

それに今日はフリンダースの2年生がハピにくっついててびっくり
しかも担当の看護師さんに「教えてあげてね」っ言われ、ギョギョッ!!
1人でいつもバタバタしてて、英語がやばいハピが教えれるの?みたいな
けっきょく2年生がハピと一緒に実習がしたい、と言うのでしぶしぶOK
どうなることかと思ったけど、心臓のことはなんとか教えてあげることが出来たし
病態、薬について2人であーでもないこーでもないと話し合ったりして
以外と楽しく実習が出来ました♪

あと、「Percutaneous Transluminal Coronary Angioplasty(PTCA)」
いわゆる「経皮的経管的冠動脈形成術」の見学が出来ました♪
10㌔の放射線を防ぐプロテクターを着て1時間半立てりっぱなしだったので
終わったときにはふ~らふらのよ~ろよろ。めっちゃ疲れた!
元々PTCAがどんなものか知ってたので看護師さんからの説明や
医師や看護師が治療中何をしているかも理解できたので
見学事態はなかなかおもしろかったですよ~
しかも「Tunami(津波)」って名前のカテーテルがあって、箱の模様も
葛飾北斎が書いたような波がうねっている絵がプリントしててびっくり
「それ使ったら箱下さい」って言ってたんだけど残念ながら使用せずでした(笑)

あと驚いたのは、PTCAの治療を行った患者さんは必ず
Coronary Care Unit (CCU)で一晩過ごすということ
日本のハピが働いてた病院ではPTCA後の患者さんは普通もといた
一般病棟に治療後戻るし、看護師は何人もの治療後の患者さんを見てました
なんて恵まれたAUSの病院環境なんだろう、って思っちゃいました

治療を受けた患者さんは90才のおばあちゃん
ちょっと耳が遠いけど、頭はしゃきっ!足取りも軽やか!
「私ばかげたこと言うの好きなのよ」って
検査前ひたすらぎゃぐばっかり言ってハピを笑かしてました
どう見ても70代ぐらいにしか見えません!
そのおばあちゃん治療中かなり胸の痛くみを訴えて苦痛様
血圧は下がるわ、血中酸素濃度は下がるわで、治療後かなりぐったり
心配して治療後そばに行って声をかけたところ
「Patience is a virtue (我慢は美徳)」
「Can i say silly things again? (またばかげた事言える?)」ってニッコリ
しんどい時にもこういう気の利いたことがいえる余裕があるなんてすごい!
しかもかなり頭が切れる!ってちょっと感心してしまいました

さあ明日は課題の締め切り、今日は実習で疲れててすっごく眠いけど
おばあちゃんが言った「Patience is a virture」を思い浮かべて
目薬をひたすら点し、もうひと頑張りです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

New☆

ハピの携帯電話はAUSの語学学校に通い始めた頃に買ったもの
下の写真の携帯です
      Mobile
これ、かなり旧型で、写真も撮れず、モノクロ画面でいけてません
その時ほとんどの学生が使ってた型で、まだトランシーバーのような
大きくて重い携帯を使っていたオージーも多くいた頃だったので
これでも3年前は「なかなかいける」携帯だったのです
(3年前AUS携帯電話事情を初めて知った時、大げさですが、ハピは
発展途上国に来たのか?とカルチャーショックを受けてしまいました)

一旦日本に帰国したとき「きっと後で役立つだろう」と
それを大事にとっておいて、今回大学入学と共に一緒に持ってきたのです
確かにアデレードに戻って来て、すぐ電話が使えてかなり役立ったのですが
最近どんどん高性能で手ごろな携帯が普及してきているので
ハピの携帯電話は「化石のような存在」になりつつあります
誰もこんな古い機種使ってなくて、最近使うのがちょっと恥ずかしい…

ということで新しい携帯電話を買ってみました♪
「Sony Ericsson W300i Mobile Phone - Optus PrePaid」
Sony_2  Sony3

もちろんカラーだし、写真も撮れて、MP3にもなっちゃう
前の携帯から考えるとずいずんとグレードアップしたものです(笑)
とりあえず今週金曜日に提出の課題や病院実習があるから
ゆっくり携帯電話の説明書を読んでいる暇がない
週末にマスターしてNew携帯電話に変える予定。ウーン楽しみだ♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »